野毛にバービーカフェ「Pink Holiday」 県内2店舗目のオフィシャル認定店

「Pink Holiday Cafe」スタッフと店長の伊勢久乃さん(中央)

「Pink Holiday Cafe」スタッフと店長の伊勢久乃さん(中央)

  •  

 野毛に2月15日、バービー人形の家をイメージしたカフェ「Pink Holiday Cafe」(横浜市中区宮川町2、TEL 045-315-6711)がオープンした。

バービー人形をクリームでドレスアップしたオリジナルドールケーキ

 店長の伊勢久乃さんは、学生時代に野毛の居酒屋でアルバイトを始め、現在は自身で居酒屋「Dragon Kitchen」も経営。バービーファン同士で話しができ、女の子気分を楽しめる場所を作りたいと、新しい店のオープンを決めた。

[広告]

 ピンクや白、水色などのパステルカラーで統一された店内には、伊勢さんがこれまでこつこつ集めてきたバービー人形約200体を展示。「横浜人形の家」に続く県内2店舗目のオフィシャルストアの認定を米マテル社から受けており、新作のバービーを購入することができる。店舗面積は約50平方メートルで、席数は着席25席、立食50席。

 メニューは、パスタやオムライス、リゾットなどのメーンにサラダ・デザート・ドリンクが付いたランチセット(1,000円)、ミルクレープやモンブラン、レアチーズケーキなどから選べる2種のケーキプレート(1,000円・税別)、プチシューマウンテン(1,000円)、チーズフォンデュセット(1,200円)、女子会限定チーズ三昧コース(3,500円)など。

 ドリンクはコーヒーや紅茶、ビールやワインに加え、バービーの友人の「サマー」や「ニッキー」をイメージしたオリジナルノンアルコールカクテル(各600円)も用意する。

 また、誕生日などの記念日用には、バービー人形をクリームでドレスアップしたオリジナルドールケーキ(3,500円)も。

 昨年生誕55周年を迎えたバービーはファン層も幅広く、伊勢さんは「当初はスタッフが発信したSNSなどを見て来る若い女性が多かったが、新聞に掲載されてから年配の方も来るようになったので、もっと幅広い世代の方に認知してもらい、楽しんでいただければ」と話している。

 女子高生限定の交流会なども行っており、今後はファンクラブとのイベント企画や、レンタルスペースとしての活用、ポーチや鏡などのリーズナブルなグッズの販売なども行っていくという。

 営業時間は11時30分~23時。勤務時間帯がさまざまな野毛地区の特性に合わせ、ランチメニューは17時まで提供する。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?