新型コロナ関連速報15日:市3748人/県90…

元町商店街でアイルランドの祭り「セントパトリックデーパレード横浜元町」

元町セントパトリックデーの様子

元町セントパトリックデーの様子

  • 0

  •  

 横浜元町ショッピングストリート(横浜市中区元町)で3月14日、「第11回セントパトリックデーパレード横浜元町」が開催される。

[広告]

 セントパトリックデー・パレード(St.Patrick's day)は、アイルランド共和国の祝日「セント・パトリック・デー」(3月17日)を祝う祭り。前後の休日には世界各地でパレードが催され、シンボルカラーのグリーンの衣装を身につけた人々が街をパレードする。

 横浜元町のパレードは2004年の開始以来、春を呼ぶ祭りとして定着。元町通りにアイルランドの音楽が流れ、アイルランドの国旗をイメージした緑・白・オレンジの3色の風船が街を彩り、パレードやアイリッシュミュージックライブ、生演奏による野外ダンスパーティー「オープンエアケーリー」が行われる。

 主催は、日本とアイルランドの友好な関係の構築や文化交流の促進を目指す非営利団体「アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン(INJ)横浜」横浜パレード実行委員会。INJは日本国内で1992年からイベントを行っている。

 当日は13時から元町3丁目でオープニングセレモニーを行う。アイリッシュミュージックやアイリッシュダンス、ハイランドパイプなどのパフォーマンスでフェスティバルを盛り立てる。

 パレードは14時から開始。隊列には、セントパトリック、アイルランド大使館、東京パイプバンド、アイルランド音楽&ダンス団体、サンモールインターナショナルスクール、横浜アイリッシュダンサーズなど約300人が参加する予定。

 元町のスポーツバー「Benny’s Place」(中区石川町1)をはじめ、英国風パブ「HUB横浜西口店」(西区南幸2)、「オブライエンズ アイリシュ・パブ」(横浜市港北区日吉本町1)、アイリッシュパブ「The SNUG」(中区野毛町1)では、アフターパレードパーティーを開催する。

 セント・パトリックは、5世紀ころアイルランドにキリスト教をもたらした宣教者で、3月17日はセント・パトリックの命日にあたる。アイルランドの守護聖人として現在も親しまれており、キリスト教の布教でアイルランドを訪れた際に、アイルランドの国花「三つ葉のシャムロック」で三位一体を伝道したといわれている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース