3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

崎陽軒が「春のかながわ味わい弁当」-神奈川地区限定

「春のかながわ味わい弁当」

「春のかながわ味わい弁当」

  • 0

  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は、神奈川の食材を使った「春のかながわ味わい弁当」を期間限定で販売している。

 「春のかながわ味わい弁当」は、行政や観光協会、観光関連企業などが連携して、神奈川の観光スポットや魅力をPRしようと神奈川県内全域で実施している「かながわ再発見キャンペーン」とのタイアップ企画。

[広告]

 崎陽軒の名物のシウマイをはじめ、三崎産マグロ、三浦産芽ひじき、小田原蒲鉾(かまぼこ)、小田原産梅干といった神奈川の名物のほか、菜の花、筍(たけのこ)など春らしい旬の味覚をそろえる。また、2種のごはんを詰めた弁当スタイルも継承し、「筍ごはん」と「小田原産梅干」をトッピングした白飯が入る。

 価格は900円。599キロカロリー。神奈川エリアの崎陽軒約100店舗で販売する。販売は4月15日までの予定。

 包装紙には、山下公園の氷川丸(横浜市)をはじめ、芦ノ湖の海賊船(箱根町)、小田原城(小田原市)、松田山ハーブガーデン(松田町)、県立三ツ池公園(横浜市)まで、「かながわ再発見キャンペーン」とタイアップした県内の名所5カ所がデザインされている。

 崎陽軒広報・マーケティング部の若林隆三さんは「『かながわを、知り、味わうお弁当』をコンセプトにした、春の行楽にぴったりなお弁当。神奈川県の名所をデザインした掛け紙も楽しんでもらえたら」と話している

 崎陽軒では、神奈川地区限定「春のかながわ味わい弁当」のほか、春季限定「桜えびシウマイ」(6個入620円)や「横濱月餅 さくら」(1個160円、3個入530円)、横浜地区一部限定「春の彩りちらし弁当」(1,000円)も販売している。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?