食べる

チョコレートカフェ「VANILLABEANS」でバレンタインに向けワークショップ-カカオ豆からチョコレート作り

カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ。カラフルなドライフルーツをのせる

カカオ豆からチョコレートを作るワークショップ。カラフルなドライフルーツをのせる

  • 0

  •  

 チョコレート専門店「VANILLABEANS(バニラビーンズ) みなとみらい本店」(横浜市中区海岸通5)で2月6日、バレンタインデー直前企画としてカカオ豆からチョコレート作りが体験できるワークショップが開催される。

バレンタイン限定商品「タブレット ショコラ ブック」

[広告]

 同店は、本格機械を導入し店内の工房でカカオ豆の焙煎からチョコレート作りを行う「Bean to Bar」を実践する店として去年1月にオープン。チョコレート製造過程が見学できるほか、商品の販売を行うショップスペースとオリジナルチョコレートドリンクなどが味わえるカフェスペース(席数22席)からなる。

 ワークショップでは、普段触れる機会のないカカオ豆に触れ、皮をむいてコクのある苦みや芳醇な香りを体験。その後、実際に豆をすりつぶし、テイスティングを重ねて自分だけのチョコレートを完成させるまでを体験できる。同店専任のショコラティエが、カカオ豆の選定から焙煎による味わいの違いなどを説明する。2月のワークショップはバレンタインデーに向け、カラフルなドライフルーツでのトッピングや限定ラッピングなども用意されている。

 また、バレンタイン限定の商品として、普段は産地別のカカオ豆だけを使って作るシングルビーンしかつくっていない板チョコレート商品に、バレンタイン用に3種のカカオ豆をブレンドした商品を開発。ショコラティエが3カ国のカカオ豆を厳選しブレンドして男性が食べやすいようビターな風味に仕上げた「タブレット ショコラ バレンタインブレンド」(648円)、同バレンタインブレンドにパプアニューギニア、ホンジュラスのシングルビーン板チョコを入れた3枚組の「タブレット ショコラ ブック」(2,160円)を用意し、店頭でのみ販売している。

 バニラビーンズ広報の西沢綾香さんは「Bean to Barのチョコレートは、カカオ豆の産地によって風味や苦みなどが違う。チョコが苦手な人でもカカオの豆の味を感じるという新しい楽しみ方でチョコレートを味わってもらえる。実際にチョコレート作りを体験してもらい、新しいチョコレートの世界を体感してほしい。店頭では、定番商品含めフレーバーを色々そろえているので、相手のことを思いながら選んでもらいたい」と話している。

 バニラビーンズは、2000年にネットショップとしてオープン。2010~2012年には、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤーを3年連続で受賞している。2014年1月フラッグシップショップとなる「バニラビーンズみなとみらい店」をオープン。店内でカカオ豆を焙煎しチョコレートを作り上げる本格的な設備を導入し、その場で作りたてのチョコレートを製造する過程を見ることができる。カカオ豆から作るチョコレート作りを体験できるワークショップは、月に一回のペースで開催。

 2月6日のワークショップは19時30分~21時30分(19時受付開始)、作ったチョコレート3本に限定グッズのお土産付き。参加費5,000円。予約は店頭または同店の楽天サイトで。

 同店の営業時間は11時~19時。水曜定休。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース