新型コロナ関連速報:市1361人/県3344人

見る・遊ぶ

横浜市開港記念会館で「リアル謎解きゲーム」-映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」とコラボ

国の重要文化財建物である横浜市開港記念会館を全館貸切で実施

国の重要文化財建物である横浜市開港記念会館を全館貸切で実施

  • 0

  •  

 横浜市開港記念会館(横浜市中区本町1)で9月13日・15日・23日の3日間、映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」の公開を記念した体験型イベント「『リアル謎解きゲーム』×映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』~あなたはジャックの塔に潜む記憶に迫れるか~」が開催される。

[広告]

 リアル謎解きゲームとは、会場内のあちこちに隠された謎を解き明かす体験型イベント。参加者は限られた時間で、隠された手がかりを見つけながら最終的に「ミッション」クリアを目指す。今回は、他人の記憶に潜入できる特殊能力をもつ探偵が、ひとりの少女の記憶に隠された真実の謎に迫る姿を描いたミステリーサスペンス映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」(9月27日公開、配給:アスミック・エース)の公開記念タイアップとして開催。国の重要文化財建物である横浜市開港記念会館を全館貸切で実施する。

 参加者は、映画のオリジナルのストーリーに沿った「参加キット(謎の手がかり)」をもとに、記憶探偵を目指す訓練生として1917年に開館した「ジャックの塔」の愛称で親しまれている横浜市開港記念会館の館内を巡り、70分の制限時間内に謎の答えを導き出す。

 企画・運営を手がけるのは、商業施設や観光地の集客促進イベントを企画するDAS(中区日本大通52)。2013年6月によこはま動物園ズーラシアで、全国初の動物園でのリアル謎解きゲーム開催して2,200人を動員した後、神奈川県庁やしながわ水族館など全国で開催し、これまでに2万人以上の参加者を動員している。

 DASの渡邉大輔さんは「この謎解きゲームをきっかけに、本格的なミステリー映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』の世界感を体験しつつ、国の重要文化財である横浜市開港記念会館の魅力も感じてもらえれば」と話している。

 開催時間は各回19時~21時(受付時間は開園30分前)。謎解き時間は70分。定員は各日400人。前売り=一般2,600円・学割(大学生以下)2,200円、当日=一般3,100円・学割2,700円(すべて税込)。詳細は「謎解きタウン」ホームページで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース