新型コロナ関連速報22日:市949人/県191…

食べる

横浜元町「ハローキティカフェレストラン」1号店がリニューアル

「ハローキティカフェレストラン」店内

「ハローキティカフェレストラン」店内

  • 0

  •  

 横浜元町の「ハローキティカフェレストラン ~Produced by キティの散歩道~」(横浜市中区元町1)が、6月25日にリニューアルオープンした。

ハローキティのラテアート「カプチーノ」

[広告]

 同店は、人気キャラクター「ハローキティ」がプロデュースするカフェレストラン。2012年12月にハローキティカフェレストラン第1号店としてオープンした。店内は落ち着いた大人の雰囲気で、オリジナルメニューを提供する。店舗面積は約165平方メートル。席数は47席(テラス席を含む)。

 今回のリニューアルでは、カウンター席を新設するとともに、重厚感のある新しい家具を設置。メニューは、バランスのよいプレートメニューやスイーツを充実させるなど、利用者のニーズに合わせたスイーツ重視のカフェスタイルに一新した。壁面には名画コレクション、人の動きに反応して変化する80インチの体感型大型モニター「ハローキティと一緒に遊ぼう☆」を設置している。

 おすすめメニューは、「季節のフルーツと生ハムのサラダ ミント風味」(1,490円)、焼きたてのパイ生地でつくるタルト・フランベ「4種チーズのタルト・フランベ サラダ添え」(1,814円)、生パスタを使用した「トマトとモッツアレラのパスタ」(1,382円)、1日10食限定「ハローキティkidsプレート」(1,598円)。

 デザートは、注文後に焼き上げる「ママの手づくりアップルパイ バニラアイス添え」(1,728円)、シェアで楽しめる「ハローキティパフェ」(2,030円)、スペインの冷製スープガスパッチョをフルーツ仕立てにした「フルーツのガスパッチョ」(1,490円)など。

 ドリンクは、ハローキティもしくはディアダニエルのラテアート2種類から選べる「カプチーノ」、美肌や疲労回復など健康を配慮した「オリジナルブレンドハーブティー」、ハローキティラベルのハウスワイン、ハローキティ限定コースターで提供する「夏季限定ドリンク」などを用意する。

 同店バリスタの本田秀光さんは「元町の隠れ家的なハローキティカフェレストランがより落ち着いた雰囲気に生まれ変わった。ラテアートやアップルパイは特に人気が高く、ラテアートは1カ月で千杯以上ご注文いただくことも。今後は季節やイベントにちなんだラテアートも視野に入れている。ゆっくりとくつろいでいただき、椅子やソファのファブリックの新たな『隠れハローキティ』探しも楽しんでもらえたら」と話している。

 営業時間は10時~21時。元町PASEO2階。テラス席はペット同伴可能。

 ハローキティは1974年、サンリオによってデザイン開発された人気キャラクター。本名はキティ・ホワイトで、誕生日は11月1日。身長はりんご5個分、体重はりんご3個分。双子の妹の名は「ミミィ・ホワイト」。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース