見る・遊ぶ

横浜で野外フェス「GREENROOM FESTIVAL」-音楽とアートの祭典

GREENROOM FESTIVALの様子(提供:グリーンルームフェスティバル実行委員会)

GREENROOM FESTIVALの様子(提供:グリーンルームフェスティバル実行委員会)

  •  
  •  

 横浜赤レンガ地区の野外特設会場(横浜市中区新港1)で5月24日と25日、音楽とアートのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL '14」が開催される。

GREENROOM FESTIVAL初出演のザヴィエル・ラッドさん

 GREENROOM FESTIVALは、2005年から横浜で毎年行われているサーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つカルチャーフェスティバル。「SAVE A BEACH」をコンセプトに、音楽・アート・映画を通して海やビーチのライフスタイルと文化を伝え、後世にビーチを残していくことを目的としている。

[広告]

 会期中は、国内外のアーティストが野外特設会場でライブを行うほか、日本のツリーハウス第一人者の小林崇さんによるツリーハウスや、キャンドルアーティストCandle JUNEさんの作品を展示。そのほか、ヨガワークショップや音楽クルーズ船の運航、赤レンガ倉庫の壁面を使ったデジタルアニマルエキシビジョン「ライトアニマル」などを実施する。

 ライブの出演アーティストは、24日=JIMMY CLIFF、EGO-WRAPPIN’、RIP SLYME、MONGOL800、MONKEY MAJIK、THE King ALL STARS、杏里、スチャダラパー、Def Tech、SKA SKA CLUB、Rickie-G、COOL WISE MAN、bird、MOOMIN、東田トモヒロ、SIDE-SLIDE、勝手にしやがれ、MONSTER大陸、TOMORROWS TULIPS、Tomoyuki Tanaka、Calm。

 25日=DONAVON FRANKENREITER、XAVIER RUDD、GABRIELLE APLIN、SPECIAL OTHERS、Chara×韻シストBAND、UA、小野リサ、PUSHIM、Caravan、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、Nabowa、orange pekoe、韻シスト、YOUR SONG IS GOOD、Curly Giraffe、jizue、Mike McCarthy、トレモノ、片平里菜、沖野修也、DJ KAWASAKI、DJ Fumiya、DJ usus。

 赤レンガ倉庫1号館3階では、プロサーファーのミック・ファニングを題材にしたテイラー・スティール監督の最新映画「MISSING」や、レゲエ音楽を生み出した1970年代初頭のジャマイカを描いた「ハーダー・ゼイ・カム」などのフィルムを上映する。

 グリーンルームフェスティバル実行委員会の寺井仁宣さんは「2005年の春に音楽イベントの経験もない僕らサーファーが始めた『GREENROOM FESTIVAL』。手探りで始めたこのイベントも、1,000人程度の小さな集まりから、50,000人規模の大きなフェスへと変貌(ぼう)を遂げた。今回はレゲエミュージックの大御所でもあるジミークリフや、フェスの常連のドノバン・フランケンレイターなど10周年の節目を飾るビッグアーティストも出演する」と話す。

 会場は横浜赤レンガ地区の野外特設会場、赤レンガ倉庫1号館。開催時間は12時~21時(開場11時)。チケットは、1日券=9,500円、2日通し券=16,500円。5月27日には「渋谷クラブクアトロ」(東京都渋谷区)でアフターパーティーが開催される。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?