食べる

サンクトガーレンが県産オレンジを使用した「湘南ゴールド」ビール限定発売

サンクトガーレンの春夏限定フルーツビール「湘南ゴールド」

サンクトガーレンの春夏限定フルーツビール「湘南ゴールド」

  •  
  •  

 地ビールメーカー「サンクトガーレン」(神奈川県厚木市、TEL 046-224-2317)は4月14日、神奈川県で開発したオレンジ「湘南ゴールド」を使ったビール「湘南ゴールド」の限定発売を開始した。

 同商品は、商品規格外の湘南ゴールド(果物)を使用した春夏限定のフルーツビール。湘南ゴールドの華やかな香りを最大限に生かすため、アロマホップも柑橘(かんきつ)系の香りが特徴のシトラホップを使用。みかんの香りが高く、ほどよい苦みを特徴としている。

[広告]

 価格は463円(330ミリリットル)。アルコール度数は4.8%。販売は同社のオンラインショップのほか、市内では横浜タカシマヤ(横浜市西区南幸1)、そごう横浜店(西区高島2)など。販売は9月末までを予定。

 湘南ゴールド(果物)は、神奈川県西部を中心に収穫される「ゴールデンオレンジ(黄金柑)」と「温州みかん」を掛け合わせたオレンジで、神奈川県が12年かけて開発し、2006年より発売を開始。見た目はレモンのような黄色で、オレンジ特有のさわやかな香りが特徴。生産量が少なく入手困難であることから「幻のオレンジ」と呼ばれているという。

 サンクトガーレンの中川美希さんは「サンクトガーレンの『湘南ゴールド』ビールは、あえて皮も果実も湘南ゴールドを丸ごと使い、グラスに注いだ瞬間から飲み終えた後のゲップまで、とことんオレンジの風味。幻のオレンジを使ったフルーツビールをぜひ楽しんでほしい」と話している。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?