パシフィコ横浜で「第9回高校生ロボフト大会」-初出場3チーム

第8回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会で優勝した高松工芸高校チーム

第8回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会で優勝した高松工芸高校チーム

  •  
  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で2月23日、「第9回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会」が開催される。

 ロボットアメリカンフットボールとは、ラジコン型ロボットを操縦してコート内でボールを奪い合い、相手ゴールへ運び込み得点を競うゲーム。全国各地から予選を勝ち抜いた29の高校生チームが集まり、5人チームで5台対5台のロボットを操作して試合に挑む。

[広告]

 同大会は、学生がロボット作りを通して技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し、「ものづくり」の楽しさを知ることを目的としている。優勝チームには文部科学大臣賞、優れた技術力とチームワークを発揮したチームには経済産業大臣賞が授与される。

 富士ソフト経営管理部コーポレートコミュニケーション室久下登美子さんは「ロボットアメリカンフットボールは、チームワークや戦術、メンタルまでもが勝敗を左右し、また、勝ち進んでいくためには、連戦に耐え得るスタミナも求められる。攻守の切り替えが早い試合展開は、手に汗握るドラマがある。ぜひ会場で観戦していただければ」と話す。

 会場はパシフィコ横浜展示ホールA。開催時間は10時~16時30分(9時45分開場)。観戦無料。大会の様子はUSTREAMでもライブ配信される。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?