見る・遊ぶ

KAATでニール・サイモン作「ロスト・イン・ヨンカーズ」-三谷幸喜さん演出

三谷幸喜さん(左)、中谷美紀さん

三谷幸喜さん(左)、中谷美紀さん

  •  
  •  

 KAAT 神奈川芸術劇場(横浜市中区山下町281)で12月3日から、劇作家・三谷幸喜さん演出によるパルコ劇場40周年記念公演、三谷幸喜×ニール・サイモン「ロスト・イン・ヨンカーズ」が行われる。

 作品「ロスト・イン・ヨンカーズ」は、1942年、第二次世界大戦中のニューヨーク州ヨンカーズを舞台にした「家族の物語」。それぞれに心の傷を抱えながらも、4人の兄弟たちが不器用なりに、懸命に人生を歩む姿を描いている。同作は1991年にピュリツァー賞とトニー賞を受賞した、アメリカの劇作家・脚本家のニール・サイモンさんの代表作のひとつ。三谷さんは自身のルーツとも言える、念願のサイモンの戯曲を今回初めて演出した。

[広告]

 同舞台では、サイモンさんが台詞(せりふ)にちりばめられた「笑い」のエッセンスを拾い上げ、日常会話の中から浮き彫りにされる家族を三谷さん独自の視点で演出する。

 出演は、中谷美紀さん(ベラ役)、松岡昌宏さん(ルイ役)、小林隆さん(エディ役)、浅利陽介さん(ジェイ役)、入江甚儀さん(アーティ役)、長野里美さん(ガート役)、草笛光子さん(ミセス・カーニッツ役)。作はサイモンさん。上演台本・演出は三谷さん。

 KAAT神奈川芸術劇場の久田絢子さんは「珠玉のキャストたちが紡ぎ出す『わたしたちの物語』。きっと観客の誰もが誰かに自分を投影し、この物語は『わたしたちの物語』になるのでは」と話している。

 会場はKAAT神奈川芸術劇場 ホール。チケットはS席8,000円、A席6,000円ほか。公演スケジュールは日程による。12月8日まで。

 三谷さんは、日本大学芸術学部演劇学科卒業。在学中の1983年に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。同劇団は1994年度の公演から30年間の充電期間に入っている。以降、脚本家として数多くのTVドラマを執筆し、近年は映画監督も手掛ける。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?