新型コロナ関連速報24日:市内98人・18区別…

食べる

クジラ専門店「濱のくじら屋」がゲイシャブ食べ放題企画-1周年感謝祭

過去の「鯨Bar」で提供された鯨赤肉

過去の「鯨Bar」で提供された鯨赤肉

  • 0

  •  

 藤棚商店街の鯨料理・鯨食材の専門店「西横浜 濱のくじら屋」(横浜市西区久保町21、TEL 045-315-5799)は11月19日、1周年感謝祭イベント「鯨のしゃぶしゃぶ『ゲイシャブ』食べ放題」を開催する。

[広告]

 「濱のくじら屋」は、2012年11月1日にオープンした、店舗面積約50平方メートル、席数17席の鯨料理・鯨食材の専門店。くじらユッケ、くじらたたき、くじら寿司などの料理や、定食メニュー「濱のくじら丼」「鯨赤肉お刺身定食」を提供するほか、自家製くじらベーコンなど鯨肉商品の販売を行う。

 くじら肉は、抗疲労効果のあるアミノ酸「バレニン」を多く含み、赤肉は低脂肪・高タンパクなヘルシー食品としても知られ、栄養価や機能性をもつ食材として近年注目を集めている。

 同店では、くじら肉のおいしさと魅力を幅広く伝えようと、毎月1回、テーマを決めて鯨を楽しむ会「鯨Bar(げいばー)」を開催している。今回は、鯨のしゃぶしゃぶ「ゲイシャブ」をテーマに、同店が独自に考案した数種類のタレで鯨肉そのものを味わう「くじら赤身のしゃぶしゃぶ」をはじめ、「くじらの竜田揚げ」や「くじら赤身のお刺身」の食べ放題を実施する。

 開催時間は18時~21時。料金は大人2,000円、4歳~小学生1,500円、3歳以下無料。飲み物や調味料の持ち込みは自由。1,000円の追加で、生ビール、焼酎、日本酒、ワインなどのアルコールが飲み放題になる。

 また、同店では「1周年記念セール」として、「自家製くじらベーコン」と「くじら赤身」の特別セールを11月30日まで開催している。

 濱のくじら屋の齋藤光央さんは「開店1周年を記念し、毎月恒例のくじらをお腹いっぱい楽しむイベント『鯨Bar』をお客様感謝祭として盛大に行う。当日はくじらについてのレクチャーも予定している。頭と舌で、今の時代のくじらをおいしく体験してほしい」と話している。

 営業時間は12時~21時(14時~17時は物販のみ)。水曜定休。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース