新型コロナ関連速報15日:市3748人/県90…

暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜市のオープンデータを活用する「フューチャーセッション」-女性対象に

共催の横浜オープンデータソリューション発展委員会は、これまでアートや観光情報を活用し、アイデアソン・ハッカソンなどを開催してきた。

共催の横浜オープンデータソリューション発展委員会は、これまでアートや観光情報を活用し、アイデアソン・ハッカソンなどを開催してきた。

  • 0

  •  

 市内の女性起業家などでつくる「横浜ウーマンビジネスフェスタ実行委員会」は9月28日と10月13日、政治プロセスの透明化や新たな社会課題発掘を目指し、行政や企業が保有しているデータを一般に公開する「オープンデータ」を女性のビジネス創出などに役立てようと、「フューチャーセッション」「アイデアソン」を開催する。

[広告]

 「横浜ウーマンビジネスフェスタ」は、市内で事業を展開する女性起業家らが、創業の原点である「社会貢献への思い」を発信し、ネットワークを深める目的で、12月7日にクイーンズスクエア横浜で開催するイベント。事務局は横浜市経済局。

 今回の「フューチャーセッション」「アイデアソン」は、市内でこれまで同様のイベントを実施してきた「横浜オープンデータソリューション発展委員会(YODS)」が共催として企画・運営を担う。

 対象は、横浜市の地域課題解決に関心がある女性。必ずしも情報技術(IT)分野に詳しくなくてもよく、子育て・障害者福祉・介護・観光・多文化共生・アーティスト支援・環境・女性支援など、さまざまな分野で活動する女性の参加を歓迎している。

 「フューチャーセッション」とは、「未来志向の対話の場」を意味する。多様なセクターの参加者が、複雑な課題について考え、解決の方向性・未来の設計図を探っていくために対話を重ねる。9月28日に横浜企業経営支援財団(横浜市中区太田町2)で行われるセッションのテーマは「横浜の未来をHappyにする新たなサービスをつくる」。第1部はレクチャー、第2部はダイアログの2部構成となっている。

 第1部では、横浜市男女共同参画推進センター横浜の事業課長で、長く女性の働き方・生き方を見つめてきた小園弥生さんが「データからみる横浜の女性の生き方・働き方」について、YODS理事で横浜のアート情報のオープンデータ化を進めてきた小林巌生さんが、国内外のサービス・活用事例についてそれぞれレクチャーする。

 さらに後半のダイアログ編では、参加者相互の問題意識を共有しながら「横浜の未来をHappyにする新しいサービス」について対話を深めていく。

 横浜ウーマンビジネスフェスタ実行委員会事務局で横浜市経済局経営・創業支援課の上田暢子さんは「12月7日のプレゼンテーションに向けたチャレンジが、このフューチャーセッションから始まる。データに裏打ちされた事業やサービスのアイデアを生みだし、将来の横浜をより良い地域にしたいと考える多くの女性の参加をお待ちしている」と話している。

 セッションは14時~17時。参加費500円。終了後は交流会も開かれる(参加費無料)。

 10月13日のアイデアソンの会場は、男女共同参画センター横浜(戸塚区)。申し込みは「横浜ウーマンビジネスフェスタ」ホームページから。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース