新型コロナ関連速報:緊急事態宣言2週間延長へ

見る・遊ぶ

横浜マリンタワーでW杯予選パブリックビューイング-青くライトアップ

サムライブルーに染まるマリンタワー

サムライブルーに染まるマリンタワー

  • 0

  •  

 横浜マリンタワー(横浜市中区山下町15)で6月4日、「2014 FIFAワールドカップアジア」最終予選・日本代表対オーストラリア代表戦のパブリックビューイングが開催される。

 埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)で開催されるW杯最終予選では、引き分け以上で日本代表の5大会連続本戦出場が決まる。チケットはすでに完売しており、注目度の高い試合となっている。横浜F・マリノスからは栗原勇蔵選手が代表に選出されている。

[広告]

 当日は、19時~22時の間、マリンタワーをサムライブルーにライトアップ。会場となるmizumachi bar(ミズマチバー)では、当日限定の青色カクテル「VICTORY BLUE」(800円)を提供し、試合を盛り上げる。営業時間は17時~26時(日曜は24時まで)。未成年の入店不可。

 mizumachi bar(ミズマチバー)の岡田成貴マネジャーは「お酒を楽しみながら、お客様同志で試合を盛り上げていただきたい。選手たちに熱い応援を送り、本大会出場を決めていただきたい」と話している。

 また、マリンタワーでは、父の日企画として「あかいくつバスで巡る 横浜夜景探索ツアー」を6月14日に実施するほか、マリンタワー2階では、横浜セントラルタウンフェスティバル「Y154」の一環として「アフリカ、ともに成長するパートナーへ。」写真展を開催中。同時に、学校法人岩崎学園横浜fカレッジの生徒が作製したアフリカ民族衣装をイメージした作品などを展示する。(いずれも6月3日まで)

 マリンタワー展望フロアの営業時間は10時~22時30分(最終受付22時)。展望フロアの入場料は大人750円、中高生500円、小学生250円、幼児(3歳以上)200円。詳細はホームページから。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?