食べる

横浜にビアレストラン「世界のビール博物館」-世界50カ国250種類

「世界のビール博物館 横浜店」エントランス(イメージ)

「世界のビール博物館 横浜店」エントランス(イメージ)

  •  
  •  

 ワールドリカーインポーターズ(東京都港区)はドックヤードガーデン地下2階に7月16日、ビアレストラン「世界のビール博物館 横浜店」(横浜市西区みなとみらい2)をオープンする。

店内にはバーカウンターが置かれ世界各国の定番料理を提供

 世界のビール博物館は、世界の多種多様なビールがたのしめるビアレストラン。横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデンに7月16日にオープンする地下飲食店街「みらい横丁」内に開業する。横浜店は東京スカイツリータウン・ソラマチ店、グランフロント大阪店に次ぐ3店舗目の出店。

[広告]

 レストランでは、世界50カ国250種類以上のビールと20種類以上の樽生ビールのほか、世界各国の定番料理などのフードメニューを提供する。店内にはビール大国の雰囲気を再現したバーカウンターを備え、店舗面積は456平方メートル。

 夏季には、屋外のドックヤードガーデンを使った季節限定のビールイベント「世界のビールフェステバル」を実施する。ドックヤードガーデンは、日本に現存する商船用石造りドックとしては最も古い旧横浜船渠(せんきょ)第2号ドックを復元した施設で、「みらい横丁」のオープンにあわせて、壁面に映像を投影する「プロジェクションマッピング」イベントも開催される予定。

 店長の杉本栄寿さんは「横浜ランドマークタワー20周年という記念のタイミングでの横浜初出店を大変うれしく思っている。それまで知らなかったビールに出会い新たな発見ができる、そして、新たな楽しみを見つけてもらえるような店舗を目指したい。横浜店がみなとみらいの新名所になれば」と話している。

 営業時間は11時~23時を予定。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?