暮らす・働く

横浜でマタニティ&ベビーフェスター幸せ料理研究家・こうちゃんも登場

昨年の赤ちゃん「ハイハイ競争」の様子

昨年の赤ちゃん「ハイハイ競争」の様子

  •  

 日本マタニティフィットネス協会はパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で4月6日と7日、「マタニティ&ベビーフェスタ2013」を開催する。

 同イベントは、妊婦ママと産後ママ、その家族のために2005年から毎年開催している子育て支援事業。昨年は2日間で約2万4千人が来場した。会期中は、60社以上の企業が出展し、妊娠や出産、子育てに関する実践的な知識を「学んで、遊んで、体験できる」多彩なプログラムを行う。

[広告]

 会場は「体験コーナー」「セミナーコーナー」「4D超音波コーナー」「ヘルスチェックコーナー」「出展ブース」「赤ちゃん広場」の6ゾーンで構成。マタニティヨガやマタニティウォーキング、ベビーマッサージ、4D超音波などの体験会、著名な医師の講演や最新のマタニティ情報を入手できるセミナー、血液や骨密度の健康チェックなどを行う。

 ステージプログラムでは、レシピ本で話題を集める幸せ料理研究家・相田幸二さんのトークショー「ママのためのHappyクッキング」、ファミリーで楽しめる参加型コンサート「Forestrie Violin Concert」、赤ちゃんのメモリアルイベント「ハイハイ競争」などを実施。「第1回マタニティ・オブ・ザ・イヤー2013」授賞式には、女性プロゴルファーでタレントの東尾理子さん、「AneCan」専属モデルとして活躍する真山景子さんが登場する。

 日本マタニティフィットネス協会の山平裕子さんは「今年は妊婦さんのための街『マタニティアップタウン』が初登場。妊婦さんにより楽しんでもらうための新たな試みとして、街の中をお散歩できるようなさまざまなコンテンツを用意した。会場には赤ちゃん広場や託児所、授乳室も完備しているので、ぜひ立ち寄ってほしい」と話している。

 会場はパシフィコ横浜 展示ホールC・D。開催時間は10時~17時30分。入場無料。

 日本マタニティフィットネス協会は、1981年より産婦人科医たち監修の下、妊産婦の健康づくりや産後の育児環境の改善、少子化対策に寄与することを目的とし、マタニティフィットネスに関する研究、指導者の育成、情報提供、実施施設への協力などの活動を展開している。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?