新型コロナ関連速報16日:市内135人/県内2…

食べる

横浜中華街・江戸清の「すき焼きまん」が人気ーとろり半熟卵入り

黒毛和牛「すき焼きまん」を販売する江戸清中華街本店スタッフの佐々木裕加さん

黒毛和牛「すき焼きまん」を販売する江戸清中華街本店スタッフの佐々木裕加さん

  • 0

  •  

 横浜中華街のブタまん専門店「江戸清」(横浜市中区山下町192、TEL 045-681-3133)が販売する季節商品「黒毛和牛 すき焼きまん」が人気を集めている。

江戸清の黒毛和牛「すき焼きまん」

 同商品は、かつおダシを隠し味とする深みのある味わいで、中華まんの中には、国産の黒毛和牛とこんにゃく、椎茸(しいたけ)、長ねぎを使った特製すき焼き、トロリとした半熟の卵が包まれている。江戸清が開港記念まんシリーズとして開発した「黒毛和牛 すき焼きまん」をさらに改良した季節商品として販売している。

[広告]

 商品開発の過程で特にこだわったのは、独自の製法による「保温しても黄身がやわらかい卵」。生地には米粉を使い、しっとり、もっちりとした食感に仕上げている。半熟卵を入れた中華まんは、同社が初の試みだという。

 価格は1個500円(180グラム)。販売店舗は、江戸清(本店、大通り店、関帝廟通り店ほか)。季節商品として展開しているが、好評のため定番商品への移行も検討するとのこと。通販サイトでの販売も行っている。

 江戸清中華街本店 店長の保田徹さんは「中華街に遊びにきたカップルが『すき焼きまん』を仲良くふたつに分けて食べる姿もありうれしい。『情熱』と『蒸熱』は江戸清のテーマ。今後もおまんじゅうへの情熱を胸に、肉まんの可能性を追求したおいしい商品を販売していきたい」と話している。

 江戸清 中華街本店の営業時間は月曜~木曜=9時~20時、金曜=9時~20時30分、土曜=9時~21時30分、日曜=9時~21時。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース