食べる

横浜元町に「ハローキティカフェレストラン」第1号店

グランドオープンにはキティちゃんがお祝いに

グランドオープンにはキティちゃんがお祝いに

  •  
  •  

 横浜元町に12月22日、「ハローキティカフェレストラン ~Produced by キティの散歩道~」(横浜市中区元町1、TEL 045-228-8118)がオープンした。

 同店は、再来年に40周年を迎える人気キャラクター「ハローキティ」がプロデュースするカフェレストラン。オーガニックにこだわった安全な食材を使用し、リンゴをモチーフにしたメニューを提供する。店舗面積は約165平方メートル。席数は42席。ハローキティカフェレストラン第1号店となる。

[広告]

 店内は、書斎やリビングルーム、ダイニングルーム、ブリティッシュガーデンにレイアウトされ、シックで上質な大人の空間を演出。使用する食器や椅子、テーブルは全てオリジナルブランド「HKCRハローキティ」で統一し、壁面にはキティのフォトギャラリーや名画コレクション、人の動きに反応して変化するデジタルコンテンツを設置している。

 同店のおすすめメニューは、アップルパイプレート(1,200円)、パルマ産生ハムとフレッシュフルーツのサラダ アップルヴィネグレット(1,200円)、にんじんとおこめのポタージュ(800円)、フレンチトースト 厚切りベーコンとハーブソーセージ りんごのピュレ(1,400円)、岩中ポークとりんごのノルマンディ風煮込みとクスクス(1,800円)、りんごとクラフティとカモミールのアイスクリーム(800円)。

 ドリンクは、カクテル「キティホワイト」や「いちごの音符」、デザートスムージーなど。世界中を旅するキティが家族や友達に食べてもらいたい料理をラインアップしている。

 運営するHKCR(東京都港区)代表の高橋圭一さんは「大人がくつろげるカフェレストランとして、キティちゃんが自宅に友達を招待する場面をイメージして上質な空間を演出した。全てのメニューには、キティちゃんの一番好きなリンゴが取り入れられている。元町の雰囲気に合うエレガントな『時間と空間』を楽しんでいただけたら」と話している。

 営業時間は9時~20時。元町PASEO2階。2013年1月1日は休み。

 ハローキティは1974年、サンリオによってデザイン開発された人気キャラクター。本名はキティ・ホワイトで、誕生日は11月1日。身長はりんご5個分、体重はりんご3個分。双子の妹の名は「ミミィ・ホワイト」。ご当地キティは2013年に15周年を迎える。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?