天気予報

32

25

みん経トピックス

三溪園で岡本茂男写真展MMで横濱キャンドルカフェ

関内桜通りの築45年ビルにNPOとアーティストがコラボしたシェアオフィス

  • 0
関内桜通りの築45年ビルにNPOとアーティストがコラボしたシェアオフィス

新たに拡張したコワーキングスペース

写真を拡大 地図を拡大

 NPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」(横浜市中区相生町3)が運営するシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」が12月21日、拡張リニューアルオープンした。

 新たに拡張するスペースは、171.2平方メートルのコワーキングスペースと40.5平方メートルのミーティングルーム。コワーキングスペースは席を自由に選べるフリーアドレス方式で約50席。両室ともに、無線LANが利用でき、会議やイベントなどに利用できる。昨年4月に開設した既存のスペースと会わせて約350平方メートルのクリエイティブスペースが誕生した。

 このスペースのリノベーションを統括したのは「似て非works」(中区若葉町3)代表で、美術家の稲吉稔さん。稲吉さんは、10月下旬から改装に着手。ビルオーナーの不動産会社「泰有社」(南区弘明寺町)と調整を重ね、市内で活動する20人以上のアーティストやクリエーターに声をかけ、彼らとの「協働」で改装をする「アーティストリノベーション」の手法で、築45年のビルの再生に臨んだ。

 稲吉さんは、その場所にあるモノを壊して一掃する一般的なやり方ではなく、建物の歴史やそれまでの使われ方について聞き取り、さまざまなモノの痕跡をアーティストが解釈し、対話を重ねながら、「場」に新たな個性を吹き込むリノベーションを提案している。リノベーション着工後、稲吉さんを中心とするクリエーター達は、現場で生まれる人とのつながり、偶発性、インスピレーションをアートワークとして形にしながら、新しいスペースを生み出した。

 横浜コミュニティデザイン・ラボは、新スペースのオープンを記念し、同日19時からオープンオフィスを開催。ライトニングトーク大会としてソーシャルビジネスを行う企業やNPO、クリエーターらがそれぞれの活動を紹介するほか、手回しオルガンの演奏者・紀あささんが演奏を披露する。

 また、12月23日には、アート・ドキュメンタリストの安齋重男さんを招き、安齋さんが1968年に記録した<シャンブル・ダミ展>の貴重な写真を、新スペースでスライド上映する。ベルギーのゲントで開催された「シャンブル・ダミ」展は、ゲント市内50数カ所の住宅にアーティストが制作し、町の中に作品をちりばめたユニークな展覧会。

 さくらWORKS<関内>の新空間をリノベーションした稲吉さんは「さくらWORKS<関内>の新しいスペースの可能性が、オープンした後も拡張し、変化し、思いもよらないような町と人とアートとの新しい関わり、交流を生み出す場になれば。今回の『シャンブル・ダミ展 スライド上映会』は、僕のそんな思いも込められている」と話している。

 開催時間は16時~18時(開場は15時)。18時から開かれる交流会では、道具や雑貨を扱うショップ兼ギャラリースペース「Tur aus Holz von neben Strand」(中区北仲通4)と、稲吉さんが運営するアートスペース「nitehi works」内のレストラン「l'atelier build」によるアートと食のコラボレーションが楽しめる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アート拠点「BankART Studio NYK」で横浜トリエンナーレ連携プログラム「BankART LifeV 観光」が開催中。元倉庫の大規模な空間を活用し、大型の作品群「NYK ISLAND 森と花と海の神秘な世界」を展開する。写真は井原宏蕗さん《fading -increasing-》
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

【横浜ものしりクイズ】横浜開港後、外国人居留地の前面に「フランス波止場」が築造されたが、現在は何になっているか?

アクセスランキング