天気予報

15

12

みん経トピックス

横浜で大人味シュトーレン横浜にハマッ子サンタが集結

シネマ・ジャック&ベティで「映画館60周年記念特集上映」

  • 0
シネマ・ジャック&ベティで「映画館60周年記念特集上映」

横浜が舞台の作品「俺は待ってるぜ」より©日活

写真を拡大 地図を拡大

 シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区若葉町3)で、映画館60周年記念特集上映が行われている。

 シネマ・ジャック&ベティは、同じ場所に存在した「横浜名画座」を引き継ぐ形で1991年にオープン。前身である横浜名画座のオープンは1952年12月25日。終戦後に接収され、米軍の飛行場として使用された跡地にオープンした。今年が横浜名画座の開館後60周年を迎えることから、期間中は4つのテーマによる特集上映を行う。

 プログラムのテーマは、横浜市中区在住のグラフィックデザイナー小笠原正勝さんとの連携による「あの遠い日の映画への旅」、横浜がロケ地となった作品も紹介する「日活映画100年の青春」、さまざまな映画の舞台となる黄金町の魅力を伝える「黄金町ムービーラッシュ」、映画×デジタルが生んだ3作品を紹介する「映画界旅行」。

 作品「月世界旅行」では、 サイレント映画ピアニスト・柳下美恵さんの生演奏付き上映(12月23日)、手話弁士・山崎バニラさんによる活弁付き上映(12月27日)を実施する。「月世界旅行」は、フランスのメリエス監督が1902年に製作した世界初のSF映画を、1993年に発見されたカラーフィルムでデジタル修復し、新たにサウンドトラックを制作した作品となっている。

 12月25日には、映画館60周年記念祝賀パーティーとして、劇場スタッフの短編作品「悲しくてやりきれない」の特別上映のほか、小笠原さんのデザインによる記念看板のお披露目を予定している。

 また、近隣のアートスペース&カフェ「nitehi works」(中区若葉町3)では、小笠原さんが手がけた映画・演劇のポスターを展示する「あの遠い日の映画への旅~小笠原正勝Cinema&Play DesignWork展」を開催している。

 シネマ・ジャック&ベティの梶原俊幸支配人は「映画館が60周年を迎える瞬間に立ち会えて、本当に光栄に思っている。私たちはジャック&ベティが一度閉館した後の2007年から運営を引き継ぎ、まだ6年目。今回の旧作などの特集上映や、舞台あいさつやトークショーのゲストの皆様のお話から多くを学び、さらに10年、20年と町の映画館が続けられるように努力していきたい」と話している。

 各プログラムのスケジュールなど詳細はホームページで。問い合わせはシネマ・ジャック&ベティ(TEL 045-243-9800)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング