新型コロナ関連速報:緊急事態宣言2週間延長へ

暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜市市民活動支援センターで「市民活動・ボランティア★フォーラム」

1月に開催した「市民活動・ボランティア★フェスタ」の様子

1月に開催した「市民活動・ボランティア★フェスタ」の様子

  • 0

  •  

 横浜市が設置している市民活動・ボランティア活動の拠点「横浜市市民活動支援センター」(横浜市中区桜木町1)で12月1日、「シェア」をテーマにした「市民活動・ボランティア★フォーラム シェアをシェアする、しぇあわせな日。」が開催される。

 横浜市内のボランティア・市民活動の裾野拡大を目的とした企画で「つながりづくり」のツールとしてのシェアを切り口に、シェアの体験イベントやワークショップ、実践者を招いた講演会を行う。

[広告]

 当日は、体験プログラムとして、子どもたちが使わなくなったおもちゃを子ども通貨「カエルポイント」を使って欲しいおもちゃと交換する「かえっこ」、各自が参加したいテーマに沿った本を持ち寄り交流する本と名刺の交換会「ブクブク交換」を実施する。

 そのほか、「暮らしの中にシェアがあれば、今よりもっと楽しくなる」をテーマに、「かえっこ」を発明した美術家の藤浩志さん、「ブクブク交換」発案者であるイベントプロデューサーのテリー植田さん、洋服の交換会「xChange」を広め環境活動にも取り組む野田治美さんをゲストに迎えた講演会と座談会を行う。交流ワークショップ「シェアにまつわるエとセとラ」では、参加者と共に「シェア」することの楽しさやシェアの未来について考えていく。

 会場では被災地応援グッズの抽選を行うほか、カフェコーナーでフェアトレードコーヒーや紅茶、地域作業所で作られたお菓子や軽食をたのしめる。

 主催する横浜市市民活動支援センターの担当者は「シェアを通じた交流で子どもから大人まで楽しく参加できる場を提供する。発案者からシェアする楽しさや広がりについてお話を伺い、新たなボランティアや地域活動を展開するきっかけにしてもらえたら」と話している。

 会場は横浜市市民活動支援センター4階。開催時間は10時30分~16時30分。参加費無料。事前申込不要、無料の保育コーナー(対象は2歳以上)の希望者は事前申込。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?