食べる

中華街に直径1メートルの巨大月餅-中秋節に300人に無料配布

直径1メートルの「中秋大月餅」(ローズホテル横浜 ベルサービスの金子健吾さんとフロントの峰尾亜由美さん)

直径1メートルの「中秋大月餅」(ローズホテル横浜 ベルサービスの金子健吾さんとフロントの峰尾亜由美さん)

  •  
  •  

 ローズホテル横浜(横浜市中区山下町77)は中秋節にあたる9月30日、1階ロビーに展示している日本最大級の巨大月餅「中秋大月餅」を切り分けて、無料配布をおこなう。

直径1メートル、約60キロ、約300人分に相当する巨大月餅「中秋大月餅」

 同企画は、日本の十五夜にあたる行事で、中国で月餅を食べる風習がある中秋節にあわせて開催されており、今年で19回目となる。巨大月餅は中華料理「重慶飯店」の食品工場(都筑区)で作製されたもので、直径1メートル、約60キロ、約300人分に相当。中には黒あんと満月に見立てたアヒルの塩漬け黄身が入り、表面には今年の干支(えと)である龍(たつ)の絵柄が施されている。

[広告]

 当日は、11時30分から1階ロビーで巨大月餅を切り分け、先着300人に無料配布する。展示期間中は、宿泊券や食事券、中華菓子などが当たるクイズも実施。同ホテル1階の重慶飯店売店では、通常サイズの「豆沙蛋黄(トウサタンファン)月餅」(700円)と「蛋黄酥(タンファンス)」(350円)を限定販売している。また、1階ブラスリーミリーラフォーレでは、イチジクを練り込んだパイ生地に徳島県産のサツマイモ 「里むすめ」を使用した「お月見タルト」(1,650円)を9月28日から店頭で限定販売する(予約受付は27日まで)。

 また、同ホテルは9月30日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の存続支援に向け、ブルーダル基金コンサート「中秋節祝宴」を開催し、チケット代の一部を同基金に寄付する。神奈川フィルの弦楽アンサンブルとともに重慶飯店 調理部長・陳一明さんによる中秋節を祝う特製料理が振る舞われる。料金は15,000円。

 ローズホテル横浜の山根愛子さんは「中秋大月餅は毎年お問い合わせが多く、切り分けは開始後20~30分程度でなくなる人気企画です。ホテルの売店では、同じ材料による季節限定の中秋月餅も販売しています。今年は中秋節が日曜日なので、より多くの方に縁起物の月餅を楽しんでいただけたら」と話している。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?