3密を避けて新しい生活様式へ!

横浜の船会社各社が花火観賞特別クルーズ-神奈川新聞花火大会

京浜フェリーボートが特別航行する水上バス「竜馬」

京浜フェリーボートが特別航行する水上バス「竜馬」

  • 0

  •  

 横浜に本社を置く船会社各社は、8月1日に行われる神奈川新聞花火大会のクルージング特別プランを企画している。

 プランは、神奈川新聞社が1986年から毎年行っている恒例の花火大会に合わせた観光クルーズ商品。今年は約10,000発の花火とみなとみらい21地区の夜景を、潮風を感じながら船上で鑑賞できる。

[広告]

 クルージングバー「横浜パラダイス」を運営するマリンツーリスト(横浜市中区海岸通4、TEL 045-263-9360)は、個人向けプランとして、ビュッフェ形式のイタリア料理(フリードリンク付き)がついて大人1人20,000円、子ども1人15,000円。少人数10人から受付の団体向けチャータークルージングプランも販売している。ぷかり桟橋から18時15分出航予定。

 水上バス・遊覧船を運航する京浜フェリーボート(中区海岸通1、TEL 045-201-0821)は、通常横浜を航行しない水上バス「竜馬」を、東京都観光汽船から特別に借り受けて用意。懐石風お弁当にフリードリンクがついて大人1人15,000円、小学生10,000円。大さん橋ふ頭ビル1階から18時30分ころ出航。

 エンターテインメント&レストラン船のロイヤルウイング(中区海岸通1、TEL 045-662-6125)は、18時30分に大さん橋国際客船ターミナルから出航。中華料理の立食バイキング(フリードリンク付き)で大人1人21,000円、小学生5,250円、幼児1,050円。このほか、指定席つきプレミアムシートを大人31,500円、小学生10,500円、幼児3,150円で販売する。

 WEB企画・制作プロダクション「メイグラフィックス」(中区海岸通3、TEL 045-650-1881)は、展望デッキの専用シートによる「懐石弁当&飲み放題乗船コース」(大人1人18,000円、小学生1人15,000円)、1階デッキで観覧する「とにかく船から見たい!!立ち見コース」(ワンドリンクつきで、大人1人9,000円、小学生1人5,000円)を用意する。大さん橋ふ頭ビル1階から18時30分出航予定。

 各プラン予約制で、詳細は各社のホームページから。

 神奈川新聞花火大会は、横浜港の夏の風物詩。今年は神奈川新聞70周年記念として開催し、連続する破裂音と鮮やかな光を特徴とする「大スターマイン」や直径480メートルの「2尺玉」、市民の協賛による「市民の花火」、尺玉連打など、約10,000発の花火をみなとみらい21地区・臨港パーク前面海上から打ち上げる。開催時間は19時15分~20時30分(荒天の場合は翌2日に順延)。

 花火大会に合わせて、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(中区海岸通1)は屋上「くじらのせなか」を観覧場所として開放。大会当日13時からターミナル2階ロビー正面玄関前で入場券(無料)を3,000枚配布する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?