3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ローズホテル横浜で「ワインテイスティング」-世界各地の84種類を試飲

昨年のワイン・テイスティングの会の様子

昨年のワイン・テイスティングの会の様子

  • 0

  •  

 ローズホテル横浜(横浜市中区山下町77)で8月4日、ワインの試飲イベント「ディスカバリーワインテイスティング at ローズホテル横浜」が開催される。

 同イベントでは、世界各地の約84種類のワインと、ワインに合わせた世界各国の料理を立食ビュッフェスタイルで楽しむことができる。

[広告]

 ワインの銘柄は、ハプスブルグ家男系の最後の君主、マリア・テレジアのお気に入りであったとされるクロアチア・ワイン(クチエヴォ シャルドネ、クチエヴォ グラシュヴィーナ、クチエヴォ クリクン クルニ)をはじめ、エリザベス女王二世の載冠式に使われたワイン、フランスやイタリア、ドイツ、カリフォルニアのワインなど。日本のワインやシードル(リンゴの発泡酒)、中華街にちなんだ紹興酒、発泡性の清酒なども用意する。

 フードは、鮪(まぐろ)のお刺身仕立て山葵と醤油添え、スペイン産ハモン・イベリコの生ハム、クロアチア風鰯(いわし)の唐揚げと野菜野のマリネ、重慶特製鮮魚と野菜の四川風炒め、車海老と野菜の天婦羅、抹茶塩添え、ドイツ風豚背肉のカスラーとザワークラウト、アルゼンチン風ミートパイ「エンパナーダ」、和牛ホホ肉のボルドー風赤ワイン煮込み、など。

 会場では、各ワインメーカー、インポーターによるトークショーを実施するほか、フリーテイスティングの一部のワインの販売、クロアチア政府観光局の協力による観光案内の映像上映などをおこなう。

 イベントを企画する同ホテル、JSA認定シニア・ソムリエの三井伸一郎さんは「異国情緒あふれる横浜中華街ならではのワイン会として、世界に眠るすばらしいワインをご紹介し、新しいワインの楽しみ方をご提案できればと思います。今回の主役は、紀元前4世紀ころワイン造りが始まったクロアチアのワイン。生産量の希少さからほとんどがヨーロッパ圏内で消費されている『幻の味』をぜひお試しいただければ」と話している。

 会場はローズホテル横浜 2階「ザ・グランドローズボールルーム」。開催時間は13時~16時。定員150人(定員になり次第締切)。料金は6,000円(ドラゴンポイントカード会員対象、当日の新規入会者含む)。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?