新型コロナ関連速報19日:市内2631人を確認

食べる

インターコンチでブラジルフードフェスタ-伝統料理シュラスコも

ディナータイムにはブラジルの伝統料理「シュラスコ」のカッティングサービスも

ディナータイムにはブラジルの伝統料理「シュラスコ」のカッティングサービスも

  • 0

  •  

 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル、1階のブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」(横浜市西区みなとみらい1)でブラジルフードフェスタ「ビバ!ブラジル」が開催されている。

[広告]

 会期中は、横浜港を臨むニューヨークのダイニングバーをイメージした店内で、ブラジルの本格料理をビュッフェスタイルで提供する。

 メニューは、フェイジョアーダ(黒豆と豚肉の煮込み)をはじめ、リングィサ(ブラジル風ソーセージ)、ムケッカ(ブラジル風魚介の煮込み)、 ドブラジンニャ(トリッパと豆、ソーセージの煮込み)、ヤシの新芽サラダ、 ポンデケージョ、ミックスビーンズと合鴨のサラダ、 ローストビーフ モーリョソース(ランチのみ)、シュラスコ(ディナーのみ) など。

 ディナータイムにはブラジルの伝統料理「シュラスコ」が登場し、テーブルサイドでシュラスコを切り分けるカッティングサービスを実施する。シュラスコは「牛ランプ」「牛モモ肉」「ブラジルソーセージ」の3種類。そのほか、ブラジルの代表的なカクテル「カイピリーニャ」をアレンジしたオーシャンテラスオリジナルカクテル3種(1杯700円)も用意する。

 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル広報担当の川井優子さんは「ディナータイムは、ブラジルの伝統料理『シュラスコ』を切り分けるダイナミックなパフォーマンスが好評です。ビアフェスタ、レディースデイなど、曜日限定のスペシャルプランもご用意しましたので、ご友人やご家族でお楽しみ頂けたら」と話す。

 開催時間はランチ=11時30分~15時、ディナー=17時~22時。料金はランチ=平日3,500円、土曜・日曜・祝日4,000円、ディナー=平日5,200円、土曜・日曜・祝日5,500円。予約・問い合わせはオーシャンテラス(TEL 045-223-2678)。5月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース