見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

マリンタワーに市民大学「ハマのトウダイ」開校-自転車発電ライトアップも

「ハマのトウダイ」ロゴ

「ハマのトウダイ」ロゴ

  •  
  •  

 横浜マリンタワー(横浜市中区山下町15)で4月1日、市民大学「ハマのトウダイ」プロジェクトの開校式がおこなわれる。

 「ハマのトウダイ」は、社団法人横浜青年会議所(横浜JC)が中心となり、若者を中心に学びと成長の場を提供することで、横浜の未来を担う人材を育成する市民参加型の学びのプロジェクト。横浜マリンタワーを本校舎とし、横浜を愛する人々が集い、ともに学び合う場づくりを通じて、右脳型で独創力に富む人材を育成していくことが目的。

[広告]

 1日の開校記念日には、「マリンタワーライトアップ大作戦」と題して、FMヨコハマのDJ栗原治久さんを司会に招き、10台の自転車による発電で、マリンタワーのライトアップイベントを開催。全16チームが出場し、発電量を競いつつ蓄電する。開校式では、発電した電気でマリンタワーを照らす点灯式が行われる。会場は横浜マリンタワー1階屋外ステージ。発電イベントは16時から。参加費無料。

 横浜JCの岡部祥司理事長は「今後、『ハマのトウダイ』の一環として市民参加型の屋外アートプロジェクトなど、実践型の学びの場づくりを計画しています。横浜をより面白くしていきたいという熱い思いをもった若者に多く参加してほしい」と話す。

 開校式終了後には、マリンタワー1階カフェ「THE BUND」で、2012年度の授業を紹介する交流会が立食パーティー形式で行われる。開催は18時30分より、参加費3,000円。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?