見る・遊ぶ

「落語×ショートフィルム」で初笑い-ブリリア ショートショート シアター

登壇する落語家の三遊亭鳳志さん

登壇する落語家の三遊亭鳳志さん

  • 0

  •  

 みなとみらいのショートフィルム専門劇場「ブリリア ショートショート シアター」(横浜市西区みなとみらい5)で1月2日と3日、落語と短編上映を合わせたお正月特別イベント「落語×ショート」が開催される。

 イベントでは、愛をテーマにしたショートフィルムを鑑賞後、落語家の三遊亭鳳志さんが登場し、各作品の内容を落語の枕に、お噺を披露する。開催時間は18時30分~20時。チケットは1,500円。

[広告]

 上映前には、武道と伝統芸能、琵琶や鼓、能管、和太鼓など和楽器の演奏を組み合わせた前衛芸能「武楽」のパフォーマンスを実施。ラウンジギャラリーでは2日、武楽座の活動を記録する写真家・坂本貴光さんの個展「武楽~あなたの心を鷲掴み~」もスタートする。

 上映プログラムは「LOVEショート~過激な恋愛篇~」で、コメディ「リチャードの災難」(2008年、イギリス)、コメディ「スパイダー」(2007年、オーストラリア)、ドラマ「ホテルZ046」(2008年、台湾)、コメディ「離婚撃退」(2005年、アメリカ)、ドラマ「ベティナの新しい家族」(2010年、メキシコ)の5作品。

 2012年1月は、和風メニューとして「桜湯」(300円)や「和風もちもち八穀磯辺餅」(400円)も販売する。

 同シアター広報担当の高橋秀幸さんは「お客様へのお年玉企画として、3日間限定の年間パスポートペア得キャンペーンも実施します。新旧のコラボが織り成す新年の初笑いをご堪能頂けたら」と話す。

 三遊亭さんは大分県出身。2000年4月に三遊亭鳳楽師匠に入門し、2004年3月に二ツ目昇進。2008年に「さがみはら若手落語家選手権」審査員賞を受賞し、2009年3月に真打に昇進した。2010年に大分県玖珠町メルヘン大使に任命された。

 開館時間は10時~22時。火曜休館。プログラム「LOVEショート」上映は2012年1月15日、坂本貴光個展は1月30日まで。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?