新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

弁天通りで「関内ハイカラ市」-アート・文化・食をテーマに開催

昨年の「ハイカラ市」の様子

昨年の「ハイカラ市」の様子

  • 0

  •  

 関内・弁天通りで11月3日、文化やアート、食をテーマにしたイベント「関内ハイカラ市」が開催される。

[広告]

 関内地区に新たなにぎわいを創出することを目的としたイベントで、同地区の魅力を再発見し、まちの再発展を目指す。主催は「関内まちづくり振興会」。今回が2回目の開催となる。

 当日は、近隣の店主や企業経営者、住民をはじめ、同地区にキャンパスを構える東京藝術大学などが参加。文化やアートの魅力を打ち出したさまざまなプログラムを用意する。

 会場は弁天通2丁目~4丁目。弁天通2丁目を「古美術・骨董ゾーン」、3丁目「地産・地笑ゾーン」、4丁目「アートゾーン」の3エリアで展開。

 古美術・骨董ゾーンは、横浜メディア・ビジネスセンター周辺で、横浜市から「横浜マイスター」称号を受けた職人らが「石臼引きコーヒー」の実演販売、「クリーニング」「ステンドグラス」の技術の紹介などをおこなうほか、骨とう品の販売をする。

 地産・地笑ゾーンには、関内に店舗がある80*80、美幌食堂関内店、サリーズ・バー、時穏、BAR KNIGHT、伊達蔵、ビートレ、鉄板職人、バダビンのほか、鎌倉ハム鎌倉店(鎌倉市)などが出店し、神奈川・横浜の食材や料理、特産品を提供する。伊勢佐木町のストリートで演奏しているデュオ「サンドクロック」によるバンド演奏(12時~16時)も。

 アートゾーンでは、東京藝大の学生がアート作品を展示するほか、弁天通の「御料理 梅田」のおでんや、ワインの販売などが行われる。

 関内まちづくり振興会の秋山修一会長は「2丁目はOLDがテーマ。歴史を感じさせる骨董品の販売や、横浜の匠(たくみ)がその技を披露します。3丁目は地元店のご協力でおいしい食材や料理をご用意。4丁目は東京藝大の若い学生達によるNEWな文化を体験できます。ハイカラ市は地域住民と商店主たちがつながることができるいい機会でもあります。弁天通は、幕末・明治にかけて大変にぎわった日本の経済・金融・文化の発祥の地。関内の歴史を感じつつアートと食を堪能して欲しい」と話す。

 開催時間は11時~16時30分。荒天中止。当日は隣接する馬車道通りで「馬車道まつり」も開催されている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース