日産スタジアムと食品工場などを巡る「産業観光ツアー」が参加者募集

ツアーではブラジル選手のサインが残る日産スタジアムのロッカールームも見学する

ツアーではブラジル選手のサインが残る日産スタジアムのロッカールームも見学する

  • 0

  •  

 神奈川県観光協会(横浜市中区山下町1)は8月22日と24日、夏休みの産業観光バスツアーを開催する。

 神奈川県産業観光ツアーは、神奈川県観光協会による横浜・川崎の京浜臨海部を中心としたさまざまなモノ作りの工場などを見学しながら、神奈川県の観光を楽しむツアー。2009年8月より産業拠点と周辺の観光資源を結びつけた旅行商品を提供している。

[広告]

 今回のツアーでは、1日で食品工場と日産スタジアム、JICA横浜・海外移住資料館をまわる。ツアーの発着場所は横浜駅西口。行程は開催日により異なるが「味の素川崎工場」または、「クノール食品」で食品の製造工程を見学。「JICA横浜」でクイズやゲーム・展示を通して、日本人の海外移住の歴史や世界の食糧・環境について学び、各自自由に昼食をとる。「日産スタジアム」では、72,327人を収容する観客席から芝フィールドを臨み、選手のロッカールームなどを見学する。

 集合場所は横浜駅西口・天理ビル前(横浜市西区北幸1)。出発は9時10分、帰着は17時頃。参加費は4,000円(食品工場のお土産付、昼食なし)。定員40人。対象は22日=小学生以上、24日=小学4年生以上(小中学生は保護者同伴)。申し込み、問い合わせは神奈川県観光協会(TEL 045-681-0007)まで。

 神奈川県観光協会の河西良文さんは「日産スタジアムのロッカールームには、ワールドカップで優勝したブラジル選手のサインが残っています。選手が入場する階段からピッチへ上がれば、観客席の広さにきっと圧倒されるはず。子供さんから大人まで楽しめる内容になっていますので夏休みの思い出にご利用いただければ」と話す。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?