新型コロナ関連速報16日:市内135人/県内2…

開港記念会館でソーシャルビジネス経営者とインターン生のプレゼン会

事例を発表する「横浜ビール」太田久士社長とインターン生の山崎慎太郎さん

事例を発表する「横浜ビール」太田久士社長とインターン生の山崎慎太郎さん

  • 0

  •  

 次世代の起業家を育成する事業を行っているNPO法人「ETIC.」(東京都渋谷区)は横浜市開港記念会館(横浜市中区日本大通35)で7月7日、「ベンチャー/中小企業によるソーシャルビジネス事例発表会」を開催する。

 この発表会では、中小企業に6カ月従事したインターン生とその経営者が社会問題の解決を目的としたソーシャルビジネス事業に取り組み、それぞれの視点から発表を行う。また、同発表会は今年9月に東京で開催される「地域仕事づくり チャレンジ大賞2011」の関東ブロック予選大会を兼ねている。

[広告]

 当日は、インターン生と経営者がそれぞれ事例を発表し、審査員による講評を行う。昨年度、関東ブロック代表企業に選ばれた大川印刷(横浜市戸塚区)の大川哲郎社長による特別講演も実施。

 事例を発表するのは、地域を巻き込んだ食のコミュニティー形成を仕掛ける「横浜ビール」(中区住吉町6)太田久士社長とインターン生の山崎慎太郎さん(成蹊大学3年)、循環型社会を目指す「萬世リサイクルシステムズ」(横浜市金沢区)小西武史統括部長とインターン生の池田桂太郎さん(高崎経済大学4年)、浮世絵復活を目指す「瞬浮世屋」(東京都渋谷区)代表取締役・木島達也さんとインターン生・武石健太郎さん(千葉大学4年)、緑あふれるまちづくりを提案する「石井造園」(横浜市栄区)石井直樹社長とインターン生の菅野将城さん(神奈川大学3年)。

 審査員にはワーク・ライフバランス取締役・大塚万紀子さん、横浜市立大学国際総合科学研究院CSRセンター長の影山摩子弥(まこや)教授、東京都市大学環境情報学部専任講師・佐藤真久さん、NPO法人ETIC.代表理事・宮城治男さんが登場する。

 横浜社会起業応援プロジェクトコーディネーターの腰塚志乃さんは「横浜市内を中心に、ベンチャー企業や中小企業の経営者と若者が二人三脚でソーシャルビジネスに挑戦している事例を発表するイベントです。当日は、インターン生の活動報告プレゼンだけでなく、経営者の視点からもお話をして頂く予定です。ぜひ発表者のみなさまの熱い思いと試行錯誤の軌跡を見ていただき、何か新しい挑戦のきっかけや参考に少しでもなればと思っています」と話す。

 開催時間は18時30分~21時(開場18時20分)。入場無料(事前申込み制)。詳細・申し込みはETIC.公式ホームページから。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース