見る・遊ぶ

そごう横浜店で韓流スター「チャン・グンソク展」-日本初開催

韓流スター「チャン・グンソク」さんの記者会見に招待ファン500人が駆けつけた

韓流スター「チャン・グンソク」さんの記者会見に招待ファン500人が駆けつけた

  •  

 そごう横浜店の8階催会場(横浜市西区高島2)で6月28日、J:COM×フラウ・インターナショナルpresent「チャン・グンソク展~もうひとつのJ PLUS~」がスタートした。

 チャン・グンソクさんは、1998年にデビューした韓国のアーティスト、俳優。「ファン・ジニ」「快刀ホン・ギルトン」「ベートーベン・ウィルス」など多数のドラマ作品に出演しており、日本国内では、昨年夏に放送された「美男(イケメン)ですね」(フジテレビ)を皮切りにファンが急増。サントリーのCM「ソウルマッコリ」モデルに抜擢され、楽曲「Let me cry」で日本歌手デビューを果たすなど、注目を集めている。

[広告]

 同展は、チャンさん初の公式写真集発売を記念した企画。日本での展覧会は初めてで、会期中は、ロケ地で訪れたロンドンやベルギーの撮影風景をはじめ、チャンさんが着用した公式写真集の衣装展示、写真集の未公開カット、本人からのメッセージなど、公式写真集では伝えきれなかったチャンさんの素顔を紹介する。

 会場では、公式写真集「The Romance JPLUS PHOTOGRAPH COLLECTION Limited」(9,800円/発売元:フラウ・インターナショナル、販売元:ユニバーサルミュージック)、日本限定仕様「The Romance JPLUS PHOTOGRAPH OLLECTION」(3,990円/発行元:フラウ・インターナショナル、発売元:共同通信社)、「The Romance JPLUS PHOTOGRAPH COLLECTION favorite」(2,940円/発行元:フラウ・インターナショナル、発売元:メディア・パル)を先行発売するほか、ロゴフラッグ(500円)・等身ステッカー(1,000円)・Tシャツ(2,000円)などの公式グッズ、そごう横浜店限定グッズなどを提供する。

 同展の収益の一部は、日本赤十字社を通して東日本大震災の復興支援に充てられる。

 28日には、チャンさんの公開記者会見をパシフィコ横浜(西区みなとみらい1)で実施。さわやかな笑顔で招待ファン500人の前に現れたチャンさんは、「今日は多くのファンの方に会えて本当にうれしい。初めての展覧会では、ふだんの姿をさらけ出したつもりです。展示会場に行き、お気に入りの日本語『オレだけをみろ』などさまざまな落書きをしたので、ぜひ展示と一緒に楽しんでほしい」とあいさつ。

 好みのタイプに話題が及ぶと、「日本の女性の『待つ姿』に美しい女性らしさを感じています。仕事で海外に行くことが多いので、僕の立場を理解して待っていてくれる、そんな心の広い女性がいい。お料理はできなくても大丈夫。僕が作るからね」とファンに語りかけた。会場では、リクエストに応えてチャンさん自らがシャッフルダンスを披露する場面も。

 開催時間は10時~20時(最終日は16時閉場)。入場料は一般・大学生800円、高校・中学生600円、小学生以下無料。当日券はそごう横浜店店内の特設販売所で。入場券と「入場時間指定整理券」が必要。7月4日まで。

 ケーブルテレビ「J:COM」は同展に合わせ、「美男(イケメン)ですね」「プラハの恋人」「ベートーベン・ウィルス」「チャン・グンソク ジャパンツアー2010 "Where is Your Star?"」など、チャンさんの出演した11作品をビデオオンデマンドサービス「J:COM オン デマンド」で配信する。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?