新型コロナ関連速報1日:市内4人/県内9人を確…

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

赤レンガ倉庫前で野外フェス「グリーンルームフェスティバル」

昨年行われた「GREENROOM FESTIVAL」の様子

昨年行われた「GREENROOM FESTIVAL」の様子

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ地区の野外特設会場(横浜市中区新港1)を中心に5月21日と22日、音楽とアートを楽しめる「GREENROOM FESTIVAL 11」が開催される。

[広告]

 GREENROOM FESTIVALは、2005年から横浜で毎年行っているサーフカルチャー、ビーチカルチャーをバックボーンに持つ、音楽とアートのカルチャーフェスティバル。コンセプトは「SAVE A BEACH」で、音楽とアートを通して海やビーチのライフスタイルと文化を伝え、後世にビーチを残していくことが狙い。今回はイベントを通して、東日本大震災被災地へのチャリティー活動に貢献する。主催はGREENROOM FESTIVAL実行委員会。

 会期中は、イベント広場にツリーハウスやハンモック、キャンドルを設置するほか、野外特設会場で国内外のアーティストがライブを行う。また、赤レンガ倉庫1号館3階で国内外のアーティストによるライブやアーティストの作品展示、象の鼻テラス(中区海岸通1)では海にまつわるフィルム上映会を実施する。

 ライブの出演アーティストは、21日=ハナレグミ、EGO-WRAPPIN'、Def Tech、bonobos、Hayley Sales、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、PONTIACS、キマグレン、COMEBACK MY DAGHTERS、Emi Meyer、COOL WISE MAN、Rickie-G、MOOMIN with STONED ROCKERS、Mountain Mocha Kilimanjaro、坂本美雨、suzumoku、Signals(照井利幸、椎野恭一)、Loostripper。

 22日=東京スカパラダイスオーケストラ、LOVE FOR NIPPON SESSION(Candle JUNE、若旦那、MINMIほか)、SPECIAL OTHERS、GRAPEVINE、salyu×salyu、LITTLE TEMPO、THEATRE BROOK、Caravan、Hayley Sales、東田トモヒロ、Rake、KEISON、児玉奈央、DE DE MOUSE+Takashi Yamaguchi、Justin Carter、Colin Giles、Kym Campbell、武藤昭平withウエノコウジ。

 グリーンルームフェスティバル実行委員の木川雄介さんは「キャンドルアーティストのCandle JUNEを筆頭に東日本大震災を受けて立ち上がったアクション『LOVE FOR NIPPON』。期間中はLOVE FOR NIPPON MARKETとして、数多くのミュージシャン、モデル、アーティストからご提供いただいた商品をフリーマーケットという形で販売し、売上をLOVE FOR NIPPONの活動資金として被災地支援復興に役立たせていただきます」と話す。

 会場は横浜赤レンガ地区の野外特設会場、赤レンガ倉庫1号館、象の鼻テラス。開催時間は13時~21時(開場12時)。チケットは1日券8,000円、2日通し券15,000円(オールスタンディング、別途1ドリンク代必要)。フィルム上映会、赤レンガ倉庫1号館3階GALLERY STAGEのライブはチケットなしで入場可能。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース