英国式庭園「横浜バラクラ」で第1回フラワーフェスティバル

本格的英国式庭園「横浜バラクライングリッシュガーデン」外観

本格的英国式庭園「横浜バラクライングリッシュガーデン」外観

  •  
  •  

 平沼の横浜バラクライングリッシュガーデン(横浜市西区平沼町6)で4月29日から5月8日まで、「第1回フラワーフェスティバル」が開催される。

 同園は「地球に優しい、癒しと安らぎ空間」をコンセプトにした本格的な英国式庭園。英国園芸研究家・ケイ山田さんの総合監修・デザインによる、ナチュラルガーデンと4つのコンセプトガーデン(ホワイトガーデン、ハーブ&ベジタブルガーデン、ローズガーデン、テラコッタガーデン)からなる面積約2,000坪の庭園で、蓼科高原バラクラ(長野県茅野市)と同規模のバラクラショップを併設する。

[広告]

 イベントでは、園内のガーデンセンターで初心者からたのしめるコンテナガーデン特別レクチャーを実施する。ケイ山田さん主宰のケイ山田ガーデニングスクール横浜校専任講師・武内康之さんによる講義で、テーマは「トピアリーを使うコンテナガーデン」「毎年咲く宿根草を使ったコンテナガーデン」「バラを楽しむコンテナガーデン」。開催時間は14時30分~16時。参加費は各3,150円(材料費別途)。

 ガーデンセンターには、カナリーバード、オールドローズ、モーレッティ、マダム・グレゴリー・スタッチェリン、ラ・レーヌ・ビクトリアなどのバラが開花しており、フードコートの「バラクラ カフェ」では、ほのかにバラの香りがする「バラのアイスクリーム」(350円)や「バラの花びらクッキー」(735円)が人気を呼んでいる。

 イベントを担当する光和創芸の高崎裕久さんは「フラワーフェスティバルでは、ガーデニングファン必見の本格的ガーデニング用品やコンテナ、バラ苗、花苗が勢ぞろいします。ミュージックイベントも予定していますので、美しい庭にぜひご来場ください」と話す。

 開園時間は10時~18時。入園料は大人800円、小中学生400円(6月30日まで)。水曜定休。横浜駅西口から「tvkハウジングプラザ横浜行き」無料送迎バスを運行。

 ケイ山田ガーデニングスクール横浜校では、イングリッシュガーデンの文化や歴史、コンテナガーデンの制作など、英国式のガーデニングを体系的に学べるプログラムを実施。現在、初心者対象の「はじめての寄植えコース(ビギナーコース)」、英国園芸の基本が身につく「本科コース」、経験者・上級者対象の「研究科コース」の3コースを開講し、受講生を募集している。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?