天気予報

15

12

みん経トピックス

横浜で自転車シェア社会実験横浜バラクラでGW企画

横浜みなとビアガーデンで「ベルギービールの祭典」-twitter復興支援も

  • 0
横浜みなとビアガーデンで「ベルギービールの祭典」-twitter復興支援も

昨年の「ブリュセレンシス ビアフェスティバル」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 キャプテン翼スタジアム「横浜みなとビアガーデン」(横浜市中区北仲通5)で4月29日と30日、ベルギービールの祭典「ブリュセレンシス ビアフェスティバル2011~小さな醸造所が作る偉大なるビールのお祭り~」が開催される。

 ブリュセレンシス ビアフェスティバルは、ベルギー本国で2005年よりベルギーのビール醸造所が集まり開催しているビールイベント。横浜での開催は2回目で、ベルギービール専門店を運営する「M's Kitchen(エムズキッチン)」(東京都港区)が主催する。

 イベントでは、ベルギー現地のフェスティバル出店ビールを含む、樽生とボトル計60種が用意され、参加者はみなとみらいの夜景が一望できるガーデンテラスでベルギー直輸入ビールをたのしめる。

 出店ビールは「イクスイクス・ビター」「グーデンベルグ」「ノワール・ドッティニー」(デ・ランケ醸造所)、「ルル・ブロンド」「ルル・ブラウン」「ルル・キュベ・クリスマス」(ルル醸造所)、「トゥルネー・ノワール」(カズー醸造所)、「フォー・セゾン」「ファイブ・センス」(ジャンデラン醸造所)ほか。

 イベリコ豚のステーキをはじめ、肉のビール煮込み「カルボナードフラマンド」、ベルギーのフライドポテト「ベルジャンフリッツ」など、欧風料理を提供する屋台も出店する。

 そのほか、ツイッター上の仮想行政区「粒谷区」に設立されたオーケストラ「粒オケホルン隊」などによるジャズやブルースの演奏、オリジナルグラス・グッズの抽選会、出店ビールの醸造所を紹介する「ベルギービール講座」が行われる。

 会場では、東日本大震災に伴う復興支援として、ツイッターを使用したチャリティー活動を実施。iPhone、アンドロイド用アプリ「30min.(サンゼロミニッツ)ランチおでかけ」をダウンロードして、同イベントの内容をツイッターでつぶやくと、1回のつぶやきで100円が「東日本大震災」JNN・JRN共同災害基金(東京都港区)に寄付される。

 エムズキッチンの菅原亮平さんは「今年は、横浜みなとビアガーデンで4月29日から10日間行う『横浜ビールウィーク』のメーンイベントとして開催します。ビールウィークは『ビール一杯から、私たちにできることを』をテーマに、ビールを媒介に、人や地域がつながり、さらには被災地支援にもつなげることを目指します。地元の醸造所による希少なベルギービールを味わっていただければ」と話す。

 開催時間は両日とも12時~21時30分。チケットは前売3,900円(ビール7杯引換券、特製テイスティンググラス)、当日2,100円(ビール4杯引換券、プラカップ)。販売場所は横浜みなとビアガーデン「TSUBASAカフェ」ほか(インターネット販売は終了)。

 横浜みなとビアガーデンでは、4月29日から5月8日までの10日間、地域活性化や被災地支援を目的としたビールイベント「横浜ビールウィーク」を開催。期間中は、ブリュセレンシス ビアフェスティバル2011(4月29日・30日)、横浜・厚木・箱根など神奈川県内の地ビールや地元フードを提供する「神奈川地ビール&地元フード祭」(5月5日~8日)をおこなう。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング