新型コロナ関連速報20日:市587人/県185…

学ぶ・知る

関内の洋食料理店「333」が募金活動-「笑顔」を忘れずに

「Cafe&Kitchen. 333」店内に設置された募金箱

「Cafe&Kitchen. 333」店内に設置された募金箱

  • 0

  •  

 関内の飲食店「Cafe&Kitchen. 333(サンサンサン)」(横浜市中区弁天通2、TEL 045-663-7998)は、東日本大震災にともなう被災地への募金活動を始めている。

[広告]

 333は日替わりのランチビュッフェや洋食料理を提供するレストラン。「笑顔を忘れず、助け合う。」というコンセプトのもと、ランチタイムとディナータイムの2シフトで営業している。

 今回は、3月11日に発生した地震にともなう支援活動として、ディナータイムの営業の売上げから、来店者1人につき500円を日本赤十字社の「東北関東大震災義援金」に寄付し、被災地の支援に充てる。

 夜間タイムの照明は、厨房など一部を除きすべて落とし、電気供給不足に備えた節電を実施。店の外に置いた作業用ハロゲンライト1台を夜の明かりとしており、来店者からは「ムードがあるね」という声も。

 同店では、ランチタイムにスープ、パスタ、オムライスなど、野菜中心のメニューを提供する500円のワンコインビュッフェ。ディナータイムには、通常メニューのほか、ワンドリンクオーダーで、カプレーゼやパンケーキなど8種類程度のアンティパスタをビュッフェスタイルで楽しめる「シェアタイム」(17時~21時)を実施している。ドリンクはすべて500円。

 オーナーの桑原こうじさんは「3月11日は同店にも帰宅難民のお客様がいらっしゃいました。きびしい状況にありますが、せめてお昼ごはんだけでも、しっかりとお届けしたいと思っています。お店に来て下さる皆さまから力をいただいている333。1分・1秒でも長く、笑顔が見られるように、これからも営業を続けていきます」と話している。

 営業時間はランチ(月曜~金曜)=11時30分~14時(ラストオーダー13時30分)、ディナー(月曜~土曜)=17時~24時。日曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース