学ぶ・知る

APECを警備する「全国のお巡りさんを探せ!」twitterプロジェクトが完結

「2010年APEC横浜開催記念全国のお巡りさんを探せ!」の完成した地図

「2010年APEC横浜開催記念全国のお巡りさんを探せ!」の完成した地図

  •  
  •  

 APEC(アジア太平洋経済協力会議)を警備する全国各地から集まる警察官をtwitter(ツイッター)ユーザーが見つけていくプロジェクトで11月10日、全国47の都道府県すべての警察官が見つかった。

開始2日目までに見つかった警察官の所属都道府県に色づけした日本地図

 プロジェクト名は「2010年APEC横浜開催記念 全国のお巡りさんを探せ!」。横浜市西区在住のhappy_magさん(twitterネーム)が10月12日に「今日から地元で見た各地の警察官をツイート。全国制覇できるか? まず『山形県警』から。」とつぶやき、自作の白地図の山形県に最初の色をつけた。

[広告]

 その後も、市内で各地から横浜に来て警備にあたる警察官の所属する都道府県を、装備している反射ベストやパトカーの表示などから確認できると、twitterで知らせ、日本地図の白地図に色をつけてWEBサイトで公開していった。「つぶやき」でプロジェクトを知ったtwitterユーザーからも目撃情報が寄せられるようになり、30日目の11月10日夜に47都道府県すべての警察官が確認されたという。

 デザイナーでもあるhappy_magさんは「市内に全国の警察官の方がいるが『全国どの地域からどれくらい来ているのか』調べてみたいという好奇心から始めた。仕事上こういう地図の加工はできるので、1人で調べてつくるつもりだったのが、フォロアーのなかで興味を持ってくれた方などから、私が行けない場所での目撃報告をいただくようになり、とても楽しかった」とプロジェクトを終えた感想を話した。

 APECは、アジア太平洋地域の持続可能な成長を目的とし、21の国・地域の首脳が参加するフォーラム。11月7日から開催されており、7日・8日が実務者会合、10日・11日が閣僚会議、13日・14日がオバマ米大統領や胡錦濤・中国国家主席、ロシアのメドヴェージェフ大統領など参加各国のトップが参加する首脳会議が行われる。約8,000人の会議関係者が横浜を訪れ、警察庁は、あわせて2万1,000人態勢でAPECの警備にあたるとしている。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?