天気予報

24

12

みん経トピックス

横浜で乳がんシンポジウム横浜でベルギービールフェス

MMで海洋ジャーナリスト内田正洋さんが講演「なぜ今シーカヤックなのか?」

MMで海洋ジャーナリスト内田正洋さんが講演「なぜ今シーカヤックなのか?」

講師を務める海洋ジャーナリストの内田正洋さん

写真を拡大 地図を拡大

 日本丸訓練センター(横浜市西区みなとみらい2)で7月17日、シーカヤック体験教室開講特別講演「なぜ今シーカヤックなのか?」が行われる。

 日本丸メモリアルパークは今年から、みなとみらい21地区におけるインナーハーバーのにぎわい創出を目的に、パーク内外の水域で市民参加型の海洋レクレーションとして、海洋スポーツの普及・安全対策を通じた「シーカヤック教室」を新規事業として開催している。

 今回はシーカヤックの第一人者として知られる海洋ジャーナリストの内田正洋さん(東京海洋大学非常勤講師)が「なぜ今シーカヤックなのか?」をテーマに講演。自身の海外での経験をもとにシーカヤックの楽しさや安全性について解説する。

 内田さんは、1956年長崎県大村市生まれ。高校時代は花園ラガーとして活躍し、日本大学水産学科で遠洋漁業学を専攻。カッター部に所属する。1980年にイラン・イラク戦争に遭遇したのをきっかけにジャーナリストの道へ進む。1982年よりパリ・ダカールラリーに8回出場。1987年から日本でシーカヤックの普及活動を開始する。1991、1992年に台湾から東京湾までの海域をシーカヤックで漕破。1998年にはハワイの古代式航海カヌー「ホクレア号」のサポートクルーを務めている。

 帆船日本丸記念財団・JTB共同事業体の鈴木広展さんは「内田さんの講演では、シーカヤックの歴史的背景から学ぶことができ、数々の経験談から『シーカヤックは沈まない』ということが理解できます。内田さんのお話を聞いていただき、安心感をもってシーカヤックにチャレンジして楽しんでほしい」と話す。

 会場は横浜みなと博物館隣の日本丸訓練センター。開催時間は13時30分~15時30分(受付開始は13時~)。対象は高校生以上、定員100人(当日先着順)。参加費1,000円(資料代含む)。問い合わせはシーカヤック特別講演係(TEL 045-221-0280)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング