野毛山動物園で恒例のGW企画「ホネ展」-開園時間延長も

昨年の「THEホネ展」の様子

昨年の「THEホネ展」の様子

  • 0

  •  

 市民に無料開放されている横浜市立野毛山動物園(横浜市西区老松町63)で5月1日~5日の5日間、「GWスペシャルイベント」が開催されている。

 期間中は動物ガイド「飼育係のスペシャルトーク2010」や、野毛山動物園で活動する教育普及ボランティア「ZOOのげやま探検隊」によるイベント「The ホネ展!2010」を行う。

[広告]

 「飼育係のスペシャルトーク」は、飼育係や動物園の獣医が、野生動物についてのスペシャルトークを開催。ひだまり広場で出張動物病院ガイドを行うほか、各動物舎前(チンパンジー、フタコブラクダ、フンボルトペンギン、トラ、ライオン)でそれぞれの個体紹介や生態の解説を行う。

 「The ホネ展!」では、さまざまな動物の骨格標本約50点を展示。「本物の骨に触ってみようコーナー」で動物の歯や骨の形の違いに触れ動物の生態を学ぶことができる。また、標本の作り方説明パネルや「骨についての○×クイズ」パネルも設置され、ボランティア「ZOOのげやま探検隊」の「骨ガイド」に参加することもできる。会場はひだまり広場の大テント。骨ガイドは各日11時~、14時~。

 野毛山動物園の加藤妙さんは「普段はもう少しゆっくりしたい時に閉園時間を迎えてしまうこともあるかと思いますが、期間中は開園時間を延長しますのでゆっくりお楽しみいただけます。暖かくなってきた園内では花も見頃を迎えています。GWはぜひ動物や植物たちをゆっくり観察してみてはいかがでしょうか。より動物たちのことに興味を持ってもらえるようなイベントをご用意してお待ちしております」と話している。

 GW期間中の開園時間は9時~17時(入園は16時30分まで)。月曜休園(祝日の場合はその翌日、5月は無休)。入園料無料。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?