新型コロナ関連速報19日:県内2288人に

横浜駅西口に新感覚の和風個室ダイニング-「Dining 楓」

横浜情緒個室「Dining 楓」店内の様子

横浜情緒個室「Dining 楓」店内の様子

  • 0

  •  

 横浜駅西口に3月31日、横浜情緒個室「Dining 楓」(横浜市西区南幸1、TEL 045-312-3882)がオープンした。

[広告]

 「Dining 楓」は日本の情緒をイメージした和風ダイニング。一品料理(サラダ、串焼き、魚・肉・揚物、ご飯もの、デザート)からコース料理まで、さまざまな国のスパイスをエッセンスに仕上げた和風創作料理を中心に提供する。

 店内は日本の情緒を新たに解釈した幻想的なつくりで、情緒個室・熱帯魚個室・金魚個室・VIP個室など、2~50人まで対応する個室を用意。座席数は120席、店舗面積55坪。平均予算は2,980円。

 同店のおすすめメニューは、こだわりの「手打ち串焼き」(1本99円~)をはじめ、楓スタイルの「穴子と旬野菜の湯葉包み揚げ」(682円)、「宮崎鶏の鶏皮煎餅」(399円)、「自家製 手作り楓豆腐」(399円)。そのほか「黒豚のやわらか串カツ」(2本、399円)、「おもちが入ったサクサクチーズ揚げ」(630円)、「砂肝のブラックペッパー」(各556円)など。ドリンクは、ビール・焼酎・日本酒・果実酒・ワイン・カクテル・ソフトドリンクなど豊富にそろえる。

 「横浜ラグジュアリーコース」(3,300円)は、手作り豆腐とフレッシュトマトのカプレーゼ、横浜情緒サラダ、牛肉のカルパッチョ 楓スタイル、こだわりの串焼き3種、宮崎鶏の唐揚げおろしポン酢、季節の雑炊、本日の自家製デザートの全7品。 

 同店の代表取締役である坂戸秀彰さんは「『Dining 楓』は楓の葉が舞い散る、和の空間。創作料理とともに日本らしい『情緒』をお楽しみください」と話す。

 営業時間は16時30分~翌2時(金曜・土曜・祝前日は~翌4時)。第一鰻亭会館の2階~4階。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース