新型コロナ関連速報:市内2355人を確認

FMヨコハマが観音崎で自然教室-エコロジープラン「Keep Green & Blue」

三笠桟橋からの乗船体験も

三笠桟橋からの乗船体験も

  • 0

  •  

 FMヨコハマ(横浜市西区みなとみらい2)は、エコロジープラン「Keep Green & Blue」の一環として3月27日に実施する「自然教室Vol.2」の参加者を募集している。

[広告]

 同局は、今年12月に開局25周年を迎えるにあたり、改めて環境問題に積極的に取り組むプラン「Keep Green & Blue」を昨年10月から展開。エコメッセージを載せたジングルや、エコライフをテーマとしたコーナー番組をオンエアするなど、リスナーに環境問題について考えてもらうきっかけ作りを実施している。

 今回実施する自然教室もその一環。第1回は昨年10月に開催。約100人のリスナーを県立秦野戸川公園に招待し、丹沢の自然に関する講義やサツマイモ掘り体験、アウトドアクッキングなどを行った。

 第2回となる今回は、三笠公園(横須賀市稲岡82)や観音崎周辺が舞台。FMヨコハマでDJを務めるMITSUMIさんやレポーターの藤田優一さん、穂積ユタカさんも参加し、三笠桟橋から船に乗って観音崎へ。春の潮風に吹かれながら海からの景色を楽しむほか、海洋動物学者・海洋ジャーナリストの永田雅一さんを講師に招いてのレクチャーやビーチクリーン、ビーチコーミング、海の幸を用いた昼食などを予定。音楽グループD.W.ニコルズによるアコースティックライブも実施する。

 FMヨコハマ広報部の田中早苗さんは「船に乗って、春の潮風に吹かれながら、海の景色を眺め、昼食は海の幸を堪能。アーティストのライブもあり、楽しいイベントです。ビーチクリーンや海洋レクチャーでは、私達の身近な『海』が今どうなっているのかわかります。現状を知ることで、海の環境について考えるきっかけづくりになればと思います」と話す。

 当日の実施時間は9時~17時を予定。参加無料、荒天中止。募集人数は70人で抽選制。応募締切は3月10日。 詳細はFMヨコハマのホームページで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース