新型コロナ関連速報24日:市内2200人を確認

横浜と世界をつなげる社会起業家のプレゼン会「YOKOHAMA SOUP」

YOKOHAMA SOUP(ヨコハマ・スープ) Vol.1の様子

YOKOHAMA SOUP(ヨコハマ・スープ) Vol.1の様子

  • 0

  •  

 「ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター(YCC)」(横浜市中区本町6)で3月8日、横浜で活動する社会起業家のプレゼンテーション会「YOKOHAMA SOUP(ヨコハマ・スープ) Vol.2」が開催される。

[広告]

 「YOKOHAMA SOUP(ヨコハマ・スープ)」は、横浜市内の社会起業家や、新しい試みを起こそうとしている人が、自身の活動を広げたり賛同者を得ていくためのプレゼンテーションイベント。起業家、経営者、主婦、ビジネスマン、学生、それぞれが立場を超えて地域のために何ができるか考え、未来のビジネスパートナーや、一緒に当時者として問題を考えていくサポーター役を見つける機会づくりを目的としている。

 第2回目の開催となる同イベントでは「異文化コミュニケーションで社会を変える」と題して、世界とヨコハマをつなげる起業家たちが「横浜の国際化」、「異文化との対話と共生」について語る。出演者は、オンライン英会話レッスンを通じてフィリピンの子供達の自立を助ける「WAKU-WORK」代表の山田貴子 さん、印刷業を通じて社会を変えるビジネスを次々と仕掛けている「大川印刷」代表の大川哲郎さん。

 同プロジェクト事務局の田中多恵さんは「ヨコハマ・スープは、市内のソーシャルビジネスの担い手の表現の場であり交流し合う創発の場。2回目となる今回は、11月のAPEC国際会議の横浜開催を見据え横浜が外国人に対してさらにフレンドリーで国際的な街になっていくために、経営者・ビジネスマンの方や、横浜に在学中の留学生の方、国際交流活動に取り組んでおられる方などご参加頂く皆様の語りを紡ぎながら進行していきます」と話している。

 開催時間は18時30分~20時45分(開場18時)。参加費500円。問い合わせは横浜社会起業応援プロジェクト事務局(TEL 03-5784-2115、NPO法人ETIC.内)まで。申し込み締め切りは3月1日(定員に達し次第終了)。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース