「twitter革命」著者の神田敏晶さん招き公開トークセッション

「ソーシャルメディアは政治を変える?」をテーマに7月に行われた公開トーク

「ソーシャルメディアは政治を変える?」をテーマに7月に行われた公開トーク

  •  
  •  

 tvk(テレビ神奈川)は12月9日、ヨコハマNEWSハーバー(横浜市中区太田町2)で、twitterなどのソーシャルメディアの現状と今後を展望する公開トークイベントを開催する。

 トークイベントでは、インターネットの黎明期から活動を続けてきたジャーナリストの神田敏晶さんによる「『twitter革命』~人と人をフラットにつなげ、行動を変えていくtwitter~」をテーマとした講演と、横浜でメディア関連の分野で活動するスピーカー10人がそれぞれの活動を発表する「ライトニングトーク」、来場者を交えたディスカッションが行われる。

[広告]

 活動を紹介するのは、ACADEMIC RESOURCE GUIDEを主宰する岡本真さん、ユナイテッドピープル代表取締役の関根健次さん、NPO法人I Loveつづき理事の岩室晶子さん、東京都市大学環境情報学部教授の上野直樹さん、慶応義塾大学環境情報学部の学生でWebデザイナー・プランナーの鶴田浩之さん、慶應義塾大学SFC研究所の須子善彦さんなど10人。

 新書「Twitter革命」を11月に発売した神田敏晶さんは「リアルタイムに人がつながることができる『twitter』に注目が集まっている。人の発言を再発信する『RT(リツイート)』機能を使う中で、本当の自分の興味が見えてくるWEBの仕組みでもある」と話している。

 開催時間は18時30分~21時(18時10分受付開始)、参加費無料(飲食費は実費、定員:先着100人)。当日の様子はインターネットで生中継する。

 「横浜メディア研究会」は、市内でメディア・コンテンツに関心を持つ人のネットワークで、今年7月に「ソーシャルメディアは政治を変える?」をテーマに県内でtwitterを活用する政治家やメディア関係者らを招きトークイベントを実施。今回が第3回目の公開トークイベントの開催となる。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?