3密を避けて新しい生活様式へ!

クリエイターサロン「ハマクリ」が開催50回-バーチャルカメラ紹介も

「ハマクリ」を主宰するデジタルキャンプ!代表の渡部健司さん

「ハマクリ」を主宰するデジタルキャンプ!代表の渡部健司さん

  •  
  •  

 ヨコハマNEWSハーバー(横浜市中区太田町2)で11月27日、デジタル系クリエイターらの交流サロンイベント「ハマクリ・イブニング Vol.50 Anniversary Party」が開催される。

 「ハマクリ・イブニング」は、企業、大学、クリエイター、クリエーティブな事に関心のある人々を結び、互いに創造性を高め合う場として、2004年7月に初開催され、今回で50回目となる。お酒(フリードリンク)を片手に映像コンテンツやロボットなどの作品発表や、企業や研究者のレクチャーなどを楽しむことができると好評で、幅広い分野から参加者を集めている。主催は、デジタルコンテンツの制作・プロデュースオフィス「デジタルキャンプ!」。

[広告]

 当日は、連続講座「SF映画への誘い」として、デジタルキャンプ!代表の渡部健司さんが、大友克洋さんらが関わるSFアニメーション「ロボット・カーニバル」を紹介する。プレゼンテーションには、映像制作の中で使われるプリビズ手法の「バーチャルトラッキングカメラ」セットが登場し、イマジカの山口聡さんと中野久さんが解説する。

 また、3D時空間マップ上の新宿をタッチパネルで操作する「c-loc」とメディアアート展「トレジャー・シティ」を東京工芸大学講師の野口靖さんが紹介するほか、12月にJICA横浜で開催するNPO法人ABCジャパン主催の「ブラジル日本映画祭2009」を、映像をサポートしているsomething newの薮谷篤さんより、黄金町の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」支配人の梶原俊幸さんらがそれぞれの活動を紹介する。

 渡部健司さんは「国内のクリエイティブ産業、デジタルコンテンツ業界が芳しくない中、人と人が出会う中で生まれるアイデアやディスカッションから、自分の制作に生かせるものを見つけられる場づくりを目指し、これからもハマクリを続けていきたい。ただ聞きに来るだけでなく、自分をアピールする場としてぜひ使ってほしい」と話す。

 「ハマクリ・イブニング」は27日、ヨコハマNEWSハーバーで、19時15分~22時まで、会費=1,500円、学生は1,000円、フリードリンク制。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?