新型コロナ関連速報3日:市内2355人を確認

大さん橋で「ジャパン・ビアフェス」-日本最大規模のビールの祭典

昨年行われた「ジャパン・ビアフェスティバル横浜」の様子

昨年行われた「ジャパン・ビアフェスティバル横浜」の様子

  • 0

  •  

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)で9月19日より、日本最大のクラフト・ビールイベント「ジャパン・ビアフェスティバル横浜2009」が開催される。

[広告]

 「ジャパン・ビアフェスティバル」は、クラフトビール、地ビール業界、一般消費者が一堂に介する大規模なビールの祭典。1998年の開始当初より「ビアフェス」の愛称で親しまれ、現在は毎年、春に東京、夏に大阪、秋に横浜と3都市で開催しており、横浜開催は4回目を迎える。同フェスタは入場料制で、さまざまなビアスタイル(ビールの種類)の地ビールを何度でも自由に飲み比べることができる試飲システムが特徴。主催は日本地ビール協会。

 会場には、北海道から沖縄まで日本各地の地ビールを中心に、ドイツやベルギー、アメリカなど海外の地ビールが工場直送の樽生で用意され(一部除く)、味・香りの異なる約120種類以上もの地ビール、輸入ビールほか、8月に行われた国際ビール大賞「インターナショナル・ビール・コンペティション」の最優秀ビール全60種類を楽しむことができる。昨年の総動員数は15,000人(東京、大阪、横浜の3会場)で、今年の横浜開催動員目標は9,000人。収益の一部は環境保全団体などに寄付される予定。

 参加者は今年より、記念グラスで試飲することができ、各日とも先着800人に年号、会場名の入ったGreat Japan Beer Festival記念グラスを用意する(800人以降は、Great Japan Beer Festival記念グラス)。ブースでは、醸造者から直接試飲グラスにビールを注いでもらい、ビールを1回50ミリリットルずつ試飲できる。

 日本地ビール協会会長の小田良司さんは「今や世界的な広がりを見せる、バラエティ豊かな香りとジューシーな味わいの地ビールを、この機会にぜひ日本最大の横浜ビアフェスで味わってください」と話す。

 入場料は、前売り3,800円(当日4,300円)。会場は、横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階・大さん橋ホール。開催時間は、19日=14時~18時30分、20日=12時30分~17時、21日=11時30分~16時。21日まで。

 日本地ビール協会が行ったアンケートによると、今年の「ビールの似合う有名人」は、CMの爽やかで明るい雰囲気を理由に、男性1位が佐藤浩市さん、女性1位は竹内結子さん。「プレミアムビールが似合う有名人」は、気品・風格・ライフスタイルにこだわりを感じられる人が上位を占め、男性1位に矢沢永吉さん、女性1位に黒木瞳さんが輝いた。

 日本地ビール協会(Japan Craft Beer Association)は、日本と世界のビール、地ビールの文化普及と振興を目的に、小規模醸造が解禁された1994年に発足。世界に80以上あると言われるビアスタイルを理解するビアテイスター、ビアジャッジ、ビア・コ―ディネイターの育成・認定ほか、ビールに関する情報提供や講演などを行っている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース