天気予報

15

12

みん経トピックス

ハマの長老のスマイル写真展横浜に文化創造都市スクール

東急東横線とみなとみらい線に臨時列車「Y150たねまる号」

  • 0
東急東横線とみなとみらい線に臨時列車「Y150たねまる号」

臨時列車「Y150たねまる号」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜開港150周年協会は東京急行電鉄と横浜高速鉄道とともに、9月21日から23日の3日間、「開国博Y150」ベイサイドエリアにつながる東急東横線とみなとみらい線で、横浜開港150周年記念マスコットキャラクターの「たねまる」のイラストをあしらった臨時急行列車を運行する。

 運行区間は東急東横線の渋谷駅からみなとみらい線の元町・中華街駅までで、1日1回運行する。停車駅は急行列車停車駅と元住吉駅。渋谷駅を11時8分に出発し11時55分に元町・中華街に到着する予定。

 運行初日の21日には「たねまる」と「たねまる」の声を担当する松本梨香さんが、一日車掌として乗り込み特別車内放送などを実施する。

 馬車道駅の特設会場では、東急の「みなとみらいチケット」や京急の「横浜1DAYきっぷ」「よこはま得々クーポン」、横浜高速の「みなとみらい線一日乗車券」などの企画乗車券を提示した先着2,000人に「たねまるノート」をプレゼントする。また、「開国博Y150」ベイサイドエリアの有料入場券(未使用券または当日券)を見せた先着900人を対象に「たねまるグッズ」がもらえる抽選もおこなわれる。

 横浜開港150周年協会の広報担当者は「いよいよ『開国博Y150』も残り2週間を切る時期になりました。まだ来場していない方もぜひこの機会に横浜にお越しください」と話している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)で10月18日、政府や銀行などが介入せず、取引に関するデータが分散し、すべての人がデータを確認できる「ブロックチェーン」という情報技術についての勉強会「ブロックチェーンで会津の未来は変わりますか?~分散型台帳技術が地域・個人にもたらす変化とは?」が開催される。講師は会津若松市で実証実験を展開している会津大学准教授の藤井靖史さん。開催時間は19時~21時。参加費2,000円(ドリンク付)。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング