横浜公園で観戦無料の野外プロレス-ちびっこレスリングやサイン会も

野外プロレスイベントの様子

野外プロレスイベントの様子

  •  
  •  

 大日本プロレスと横浜プロレスは開港150周年を記念して5月17日、横浜スタジアム前(横浜市中区横浜公園)でプロレスイベントを開催する。

 地元横浜を拠点に活動するプロレス団体「横浜プロレス」と「大日本プロレス」、住宅リフォーム業を営む地元企業「松下工業所」が連携して実施する企画。イベントを通して、プロレス本来の原風景を含めた魅力を広く伝え、仲間を大切にする心や体を鍛えることの素晴らしさ、イジメ撲滅などをメッセージとして発信する。

[広告]

 試合は横浜公園に特設リンクを設置し、3部(12時、14時、16時)に分けて展開。ゲーム大会、ちびっこレスリング、撮影会、サイン会などをおこなう。イベント途中にはリングの開放タイムを設ける。

 第22代デスマッチヘビー級王者「伊東竜二」、カミソリボードデスマッチを実現した第21代BJWデスマッチヘビー級王者「黒天使 沼澤邪鬼」、鍛え上げられた肉体をもつ第23代BJWタッグ王者「関本大介」、実力派パワー系ファイターの第23代BJWデスマッチヘビー級王者「シャドウWX」、信州信濃の流血マシーンと呼ばれる「アブドーラ・小林」ら大日本プロレスのメンバー。横浜のヒーロー「オリエンタルドラゴン」、お笑いレスラー「西園寺ピエール」、「ウェスタンタイガー」、「シャイニングタイガー&S・T・ビックバディ」ら横浜プロレスのメンバーが出場する予定。

 大日本プロレス四ッ葉工芸の登坂栄児さんは「横浜開港150周年を記念して、プロレスを通じて小さなお子さんからご年配の方まで楽しめるイベントを企画しました。当日はゲーム大会やお菓子などのプレゼントも企画しておりますので是非ご来場ください」と話す。

 「横浜プロレス」は2007年に「地域密着と地域貢献」をコンセプトに大日本プロレス(横浜市西区岡野1、TEL 045-321-1598)が設立。ホーム会場を横浜にぎわい座(横浜市中区野毛、収容人数=150人)に置き、小さい会場で「プロレスの楽しさ」を身近に伝えることを目指している。

 開催は12時より、入場無料。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?