新型コロナ関連速報3日:市内690人を確認

クイーンズイーストにフェアトレード店「TRAGOOON+」

4月17日にオープンした「TRAGOOON+」の店内

4月17日にオープンした「TRAGOOON+」の店内

  • 0

  •  

 スリーワンコミュニケーション(横浜市中区翁町1)は4月17日、クイーンズイースト4階に期間限定フェアトレードショップ「TRAGOOON+(トラグーン)」をオープンした。

[広告]

 同店は、ファッション事業を通じた社会貢献を目ざし、主にタイを中心に、アクセサリー工房や、人身売買防止や女性の自立支援に取り組む組織、地雷によって足を失った障害者の雇用促進組織などと提携し、フェアトレード商品の販売を通じたコミュニティ支援を行っている。

 商品ラインナップは布製品、シルバーやビーズ、淡水パールのアクセサリー、雑貨が主。現地で収穫したナチュラルコットンを、伝統技術の腰機織りで制作したスカーフ(4,000円~)やシルク100%のバッグシリーズ「AIR Cubic」(4,200円)のほか、食品では、県内初の取り扱いとなるオーガニックセイロン紅茶「ミトラティー」(50グラム693円)などが並ぶ。

 同社では、NGOやボランティア団体と共同でものづくりをしている。現地に植生する綿のオーガニックコットン認証を取るなどの交渉にも携わるほか、3か月に1度程度、現地へ出向き生産者とも顔を合わせているという。

 「TRAGOOON+」は8月下旬までの限定オープン。店名はタイ語で「つながり」や「家族」を意味する言葉と、英語の「lagoon(ラグーン)」を合わせて名付けた。営業時間は11時~20時。

 同社のワンサイ聖実代表は「フェアトレードというと食品のイメージが強いですが、私達はファッションに敏感な若い層に届く商品を提案しています。デザインに共感して下さった方々と、自然にフェアトレードで結びついていければと思っています。シルバー、淡水パールのアクセサリーは自分でデザインをしており、個人的にはペンダントヘッドを妻が、私が全体をデザインしたアクセサリーもおすすめです」と話す。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース