崎陽軒のビアレストラン「亜利巴゛巴゛」がリニューアル

ビアレストラン「亜利巴゛巴゛(アリババ)」 商品イメージ

ビアレストラン「亜利巴゛巴゛(アリババ)」 商品イメージ

  • 0

  •  

 崎陽軒(横浜市西区)は3月1日、崎陽軒本店地下1階のビアレストラン「亜利巴゛巴゛(アリババ)」をリニューアルオープンした。

[広告]

 同店は、中近東のバザールをイメージした店内に、本格中国料理を調理する様子が見られるパントリーなどを備え、内装を衣替えしリニューアルオープン。3月より毎月第1日曜は40種類のメニューが楽しめるオーダーバイキングを開催する。料金は大人2,380円、小学生1,200円。また、7日まで無料券プレゼント、ビール飲み放題などの特別企画を実施している。

 また、横浜開港150周年を記念し、本店内のレストランで、特別メニューの提供も行っている。中国料理店「嘉宮(かきゅう)」では150周年にちなみ、中国料理とは一見なじみのない食材や料理をアレンジし、パンや牛鍋、ドリア、プリンアラモードなど、横浜発祥の料理を嘉宮スタイルに仕立てた「横濱開港150周年記念」特別コース(7,800円)を提供。

 イタリア料理店「イルサッジオ」では、開港とともに西洋食文化が広まった横浜とイタリアの出会いを旬の野菜や魚介を使用して表現した「横濱開港150周年記念」特別コース「プリマヴェーラ」を提供する(5,500円)。開催期間は「嘉宮」が5月31日まで、「イルサッジオ」が4月30日まで。

 アリババ店長の桐ケ谷浩さんは「今回のリニューアルコンセプトは『見せる』です。店内のテラス席は開放感がありお客様に好評で、本格中国料理の調理の様子を目の前に食事できるパントリーは迫力満点です。ランチはバイキング、ディナーはビール・カクテルなど、それぞれの場面に合うお料理を用意し、お客様に魅せるレストランを目指します」と話している。

 崎陽軒本店は、横浜駅東口に1996年9月にオープンした地上8階、地下1階建ての複合型レストラン。館内には中国料理「嘉宮」、トラットリア「イルサッジオ」、ビアレストラン「アリババ」、ティーサロン「アボリータム」をはじめ、英国風チャペルや各種宴会場を備えている。伝統的な各国料理を継承しながら、「地産地消」にこだわった新鮮な魚介類、三浦産の野菜などを使用した独自の料理を展開している。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース