新型コロナ関連県内3千人超え 4月23日以来

大阪の「アートの現場」テーマにトーク-横浜市開港記念会館で

大阪アーツアポリア/アーティスト・井上信太とともに企画したbird scape osaka 2008 の搬入風景

大阪アーツアポリア/アーティスト・井上信太とともに企画したbird scape osaka 2008 の搬入風景

  • 0

  •  

 横浜市開港記念会館(中区本町1)1号室で2月11日、大阪のアートプロジェクト実践者を招いたトークイベント「第5回 アートの現場-見る、聞く、つくる-関西の現場から」が開催される。

[広告]

 ゲストに、大阪・新世界地区で芸術と社会をつなぎ、まちの中に創造活動の場を開拓していくアートプロジェクト「ブレーカープロジェクト」の企画のほか、アートNPO「remo(記録と表現とメディアのための組織)」の理事として活動する雨森信さん、大阪市主催の「現代芸術創造事業」により発足し、イベントやインターネットによる情報発信などでアート活動を支援するスペース「築港ARC」チーフディレクターのアサダワタルさん、大阪市港区の築港赤レンガ倉庫でのアートプロジェクトから発展し、芸術環境の整備を目指すNPO法人「大阪アーツアポリア」代表の中西美穂さんの3人を迎える。参加者の事前質問をもとに、アートの場づくりや、アートとまちとのかかわりのほか、横浜のアートシーンの現状などについて考える。

 桜木町にアトリエを構える非営利アートグループ「ART LAB OVA」代表で、毎回トークの聞き手を務める蔭山ヅルさんは「それぞれのプレゼンはもとより、大阪を中心に活動する講師陣3団体が団結して、関西ノリの独断と偏見の大阪アートプレゼンを企画してくれています」と話す。

 開催時間は13時~16時。参加費無料(要申込み)。参加者には、ブレーカープロジェクト、築港ARC、大阪アーツアポリアの資料や、大阪アートガイドマップを配布する。次回第6回は、3月20日に「東北の現場から」としてキュレーターなどを招く。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース