新型コロナ関連速報:市内6488人/県内136…

横浜ベイクォーターに本場タイ屋台レストラン「チャオタイ」

「チャオタイ」メニューの様子

「チャオタイ」メニューの様子

  • 0

  •  

 本場タイ屋台料理レストラン「チャオタイ(CHAOTHAI)」が2月6日、横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区金港町1、 TEL 045-453-7710)5階にオープンした。

[広告]

 同店は「Welcome to Thailand 微笑の国タイへようこそ」をテーマにした本場タイ屋台料理レストラン。タイ人シェフによる、本場の味をいかしたリーズナブルな料理が好評で、女性・OLを中心に人気が広がり、横浜ベイクォーター店の出店は銀座・原宿・川崎店などに続く7店舗目。また、同店は2007年にタイ国政府商務相より品質管理などが保証される「タイセレクト認定レストラン」を取得している。

 おすすめメニューは「生春巻き」(780円)や「トム・ヤム・クン」(1,480円)、「プーニムパポンカリー(ソフトシェルクラブと玉子炒めのカレー風味)」(1,580円)。ほかに春雨サラダ、パパイヤのサラダ、空芯菜炒め、ソフトシェルクラブの卵炒め、骨付き鶏肉のグリル焼き、タイ焼きそばや挽肉のバジル炒めご飯など。

 平日ランチタイムには、日替わりの「ベイクォーター店スペシャルセット」(サラダバー付、950円~)、「チャオタイデイランチ」(サラダバー付、850円~)のほか、コース料理には「チャオタイコース」(3,000円)「タイスキコース」(3,500円)など全6種類を用意。辛さは好みに合わせて調整することができる。

 タイ料理は、中国の食文化とインドの香辛料の影響を受けながら発展してきた料理として知られ、辛味・酸味・甘味に、様々なハーブやスパイスの香りが一体となった、複雑かつデリケートな味わいが特徴。

 同レストランの担当者は「タイから直輸入した、北部のチェンマイ様式の店内で、本格派タイ料理をご堪能ください。スタッフ一同お待ちしております」と話している。

 横浜ベイクォーター店の店舗面積は35坪、室内56席、テラス席15(ペットはテラス席のみ)。チャオタイとは「タイの人々」という意味。

 営業時間は11時~23時まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース