開港150周年キャラ「たねまる」絵本が発売に-「ともだちのたね」

  • 0

  •  

 横浜開港150周年記念事業のマスコットキャラクター「たねまる」をモチーフにした絵本「ともだちのたね」が、東京地図出版より発売となった。

 原作は作家の森沢明夫さん、原画はイラストレーターの加藤美紀さんで、発売となった絵本は「たねまる」オフィシャルグッズの12月発売のニューアイテムの1つ。横浜の街を長年見守ってきたタマクスの木の精である「たねまる」が、自分の胸の奥にある小さな友達の種を育てていくという心暖まる内容。

[広告]

 12月6日には有隣堂本店5階(横浜市中区伊勢佐木町)と、紀伊国屋書店横浜店(横浜市西区高島町 そごう横浜店7階)で先行販売された。定価=1,370円。企画・監修は、横浜開港150周年マスターライセンシーオフィス。

 絵本の原画を描いた加藤さんは「この絵本を通し、横浜やたねまるによりいっそう親しみを持って頂けましたら嬉しいです。港町である『横浜』が世界の国々とつながっている様子は、友達を求める『たねまる』の姿にも重なる気がします。人と人とがつながって笑顔になっていく、そんな幸せの種を皆様にも一粒お届けできれば幸いです」と話している。

 また、絵本発売を記念して、絵本の表紙と同じ絵柄の携帯ストラップやマグカップ、ボールペン、ハンカチなど計16品目の「ともだちのたね」サポート・オフィシャルグッズも発売となった。

「たねまる」オフィシャルグッズは4月28日に開幕1年前イベントで販売開始されて以来、ぬいぐるみやステーショナリー、Tシャツなどさまざまな商品アイテムが発表されている。商品取り扱いは京浜急行の主要駅、東急東横線横浜駅の各駅構内など横浜市内22ヶ所。詳しくは「たねまる」の公式サイト【たねまるドットコム】で。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?